日本代表 シンガポール戦


 小野が存在感を見せつけましたね。とにかく普段試合に出ている選手と出ていない選手の差をまざまざと見せつけられた試合でした。

 中村俊輔、柳沢、稲本はやはり試合勘が・・・。
 早く藤田を投入してくれと思っていたがそれがかなったのは予想外の失点の後、日本のDFラインは怠慢すぎる。楽をしたいというプレーばかりが目立ち、その隙を相手につかれるという最悪のパターン。これは練習の時からの集中力が足りないからだと中田が示唆するようなコメントを残したが、今回結果を残した最年長藤田俊哉がゴン中山の代わりをぜひ務めてまとめ上げて欲しい。

 試合のほうだが、相手が格下ということもあったのだろうが守備の面でチームとしての方向性がこれまでの試合より明確だった。考えられない怠慢プレーで全てが台無しになってしまってはいたのだが、勝負を決めようとしていた前半はその変化に少し面食らってしまった。というかやはり本番は違うんだなというように感じた。

 ただそれは同時に油断をしていたという裏返しでもあったのだ。
このチームはすぐに油断してしまう。それを許さないのは試合を外から見ている私達の役割だ。
 またもジーコ監督の解任騒ぎになるのだろうが、形としては選手交代があたった。わざわざ難しい試合をしたと言われるのかもしれないが、それはきっと海外組に経験させるため、この経験が日本の大きな力になる、大丈夫、私はこの納得のいかない起用法が日本に大きな力を最後にもたらすことを信じています。