愛媛サポートクラブとは

愛媛サポートクラブは2004年12月、愛媛FCのJリーグ昇格をサポートするために設立しました。

当時、関東で活動するに当たり多くの方に相談したところ、愛媛FCを前面に出すのではなく(愛媛の人にサッカーを受け入れてもらうのは難しいため)、愛媛というキーワードで活動したらということで、この名称にしました。

実際、今だから言えますが、2005年のJリーグ昇格署名活動の際には、「サッカーはイカン!愛媛は野球じゃ!」と大勢の方の前で怒鳴られたこともあります。2015年の春の選抜高校野球での松山東高フィーバーでその意識の深さを改めて思い知らせれました。(ちなみに、2006年J昇格後の国立競技場でのヴェルディ戦に各高校同窓会の方にお声掛けしてご来場いただいたのですが、松山東高の受付を作っていたら、「私は松山中学じゃ、松山東じゃない」とご指摘頂いたこともあります。それぐらい松山東高校の伝統は脈々と引き継がれているんだなと感じました)

2015年現在、愛媛FCアウェイゲームでのグッズ販売のお手伝いと東京発応援バスツアーが主な活動となっております。

ボランティアスタッフは随時募集しております。

活動の基本は、「できる人ができる時だけ」皆さんの力をお分け頂きたいと思っています。
このところのメインの活動となっているグッズ販売も、独自のやり方です。
集合時間は、試合開始4時間から3時間前、グッズのブースでお手伝いただく時間は自由です。
ピッチ前練習を見るもよし、試合開始に合わせてスタンドに行ってもらうもよし、一平くんのサイン列に並ぶもよしです。
応援バスツアーも開催しますが、販売活動に参加する必要はもちろんありません。

また、グッズ販売ボランティアには何の優遇もありません。観戦チケットも交通費もすべてご負担いただいています。
愛媛出身ではない方もいらっしゃいます。とにかく愛媛FCを応援する仲間が集まっています。

もっともっと多くの方に、少しだけでも参加してほしいと思っています。
facebookの非公開グループで情報交換も行っておりますので、ぜひご参加ください。
https://www.facebook.com/groups/448831878529054/

 

愛媛サポートクラブより(2008年8月)

■ 愛媛サポートクラブでは愛媛FC後援会設立に向けて準備をしておりましたが、いろいろなご意見をお伺いした結果、引き続き愛媛サポートクラブとして活動を継続することになりました。「愛媛FCを通して愛媛をさらに元気にし、愛媛発の愛と元気を全国の愛媛ゆかりの皆さんに届けたい」という基本的な考え方はこれまで通りですので、皆様のご支援をお願いいたします。

以下は過去の記事になり、計画は変更となっておりますが、考え方をお知らせするものとして取り置かせていただきます。

後援会の趣旨と目的(案)
(下記の内容は以下リンクのPDFファイルでもご覧になれます。
愛媛FC後援会−ご入会とご支援のお願い ドラフトver.0.96

■ プロサッカーチーム、Jリーグ愛媛FCの若きイレブンたちは「愛媛とオレンジ色」を背負い、全国各地で戦っています。
■ 雨の日も風の日も愛媛FCをサポートし、愛媛を全国でアピールし続ける仲間がいます。
komaba-up2.jpg

 

愛媛FCを、愛媛を想いながら直接応援できない数多くの愛媛ゆかりの方々

全国各地から愛媛・愛媛FCへの想いを愛媛FC後援会がご支援金という形でお預かりして集結!

時間と労力を惜しまないサポーターグループ、ボランティアその他有志に届け様々な愛媛FCサポート活動を支援します。

皆様のご支援に、有志達の力が加わってパワーアップする愛媛FCとそのサポーターは愛媛をさらに元気にし、愛媛発の愛と元気を全国の愛媛ゆかりの皆さんに届けます。
concept_map.jpg

後援会の基本的なしくみ(案)

愛媛FC後援会は愛媛FCおよび愛媛を応援してくださるお気持ちがありながら、直接応援することが難しい方々から、そのお気持ちをご支援金としていただき、集約します。

ご支援金はお一人5千円以上とさせていただきます。(学生の方は3千円以上) ご無理のない範囲で、たくさんのご支援をお願いいたします。

当会では愛媛FCをサポートするさまざまな活動を行っているグループ、個人から活動プランの申請を受け付けます。

当会では愛媛FCに対し様々な関わり方を持つ10人以上で構成される幹事会を運営し、申請された活動プランを当会基準に照らして審査のうえ、過半数をもって承認し、その活動に対して、いただいた支援金の範囲内で、補助金の支出および関係各位への働きかけなど必要な支援を行います。

承認した活動プランおよび活動の結果は収支を添え速やかに当会のホームページで公開します。

幹事会から独立した監査役により活動と収支状況の監査を3ヶ月毎に受けます。

process_flow.jpg