コンサドーレ札幌降格


 日曜日は久々にテレビでJリーグを観戦した。カードは鹿島-札幌。札幌には高校時代の先輩の西田選手と後輩の大森選手が所属している。一つのチームをこんなに応援しながら見たのはいつ依頼だろうか?新鮮な気分だった。

 さて試合は後半小倉選手のゴールで2-1と勝ち越した。このまま逃げ切ってしまうんじゃないかと思っていたが、さすが柳沢、きっちり仕事をこなした。というより、これが負けるチームと勝つチームの差なのだ。勝ちゲームを落とす、負けゲームをひっくり返す、これが力の差なのである。

 しかし、ゲーム自体の流れは常に鹿島のものだったから、1人で2点叩き出した小倉選手を誉めるべきだろう。

 いや、小倉選手のプレーをみるのも久しぶりだった。高校時代は本当に化け物だと思ったが、オリンピック代表で怪我をして以来ぱっとしなかった。が、昨日のプレー。素晴らしかった。特に精神面が素晴らしかった。闘志を前面に出し、ゴールに向かう姿勢、見ていて気持ちが良かった。

 試合には負けてしまったが、小倉選手はまだまだやれる力を持っている。今後の小倉選手が楽しみだ!


You may also like...

コメントを残す