残念!愛媛FC破れる


 日本フットボールリーグ第15節、愛媛FC対デンソーの試合が昨日行われた。松山で行われた試合で東京に住む私は見に行くことはできなかった。
 早速、松山ケーブルテレビでこの試合を解説しているスポーツライターの三浦さんの電話をかける。

 「どうでしたか?」「いやあ、負けてしもうたんよ」結果は1-4で敗戦。前半先制点を奪われながら追いつき、これからというところの前半終了間際に失点。さらに後半開始早々不運なハンドでPK、3点目。サッカーで一番取られてはいけない時間帯に2点も失点してしまっては勝つことは難しい。

 この試合一番素晴らしかったことは、後半開始早々で1-3となったにもかかわらず、愛媛FCは最後までゴールを目指して戦い抜いたことだ。しかも、途中で帰るお客さんもいなかったそうだ。

 これこそ「県民クラブ」愛媛FCの魂。電話でもこういう話を聞くとうれしくなってしまう。

 JFL2位以内でJ2昇格は難しくなったが、今期はまだ天皇杯が残っている。1回戦三菱重工長崎に勝てば、2回戦は平塚競技場で湘南と対戦する。12月8日が楽しみになってきた。


You may also like...

1 Response

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     まだまだJ2に上がるのには経験や選手層がたりなかったのでしょうか。いつの日か親だった広島より上にいる日も来るとおもいます。まだまだこれから応援し甲斐がありますね。

コメントを残す