ナビスコカップ決勝戦


 本日はナビスコカップ決勝鹿島-浦和が行われた。結果は小笠原のゴールで鹿島が優勝。レッズは初タイトルに届かなかった。

 今レッズにオフト監督はサッカーの基本を叩き込んでいるそうだ。特にポジショニングについてうるさくいっているらしい。

 エメ、トゥット、永井、田中のFW陣に注目が集まっているが、ボランチ鈴木やDF坪井の成長が大きい。特に鈴木選手はデビューしたころとは全く別人のようなプレーをしている。

 ポジショニングさえしっかりできれば守備の組織は格段に強くなる。今年のレッズの強さはこのポジショニングの意識改革が進んでいるからだろう。

 ということは、今期よりも来期以降のほうが結果は期待できる。今日は敗れてしまったが、来年更なる爆発を見せてくれる、そんな予感をさせてくれる。


You may also like...

コメントを残す