初動負荷理論との出会い


 foot001さんのご要望にお応えして早速、このテーマで書いてみたいと思います。
 そもそも私が初動負荷理論に出会ったのは今から6年前。阪南大学の構内でのことでした。そこでは阪南大学のサッカー部が乳酸値測定を行っていたのだが・・・。
 当時私はオランダサッカーにはまってました。クライフのビデオを見たり、アヤックスの試合やトレーニングのビデオを見たり・・・。阪南大学で見たものは、そこにクライフが、リトマネンが、クライフォートが???
 日本人なのだが走っている姿はアヤックスのフィジカルトレーニングのビデオとおんなじ。目を疑いました。早速須佐監督に聞く。「初動負荷理論っていうんよ。行ってみる?」考える間もなく「はい」翌週には鳥取に行ってました。
 鳥取に行って最初にショックだったのは(ほとんど全てのことがショックだったのだが・・・)走るということの考え方。
 立ったまま地面を蹴って走ることができますか?もちろんできません。立ったまま足を動かさず上体を前に倒していくと、脚が前にでましたよね。これが根本です。重心の移動によって走ったり飛んだり投げたりしているのです。後は投げる動作。ゴム(チューブ)を使ってのトレーニング、やったことありませんか?でも投げる動作を考えてください。ボールを投げ終わった後に力を入れることなんかないですよね。チューブトレーニングで一番負荷がかかるのは?
 こういう感じで1週間の合宿を行いました。考え方を全て変えなければいけないと思いました。ここでの出会いがなければ今指導者にはなってなかったでしょう。こんなに本気でサッカーに関わることもなかったと思います。
 foot001さん、こんな感じでいかがでしょうか?

You may also like...

1 Response

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    早速ありがとうございます。
    初動負荷理論との出会いから今があるんですね。
    昨日私も↓に

    http://plaza.rakuten.co.jp/foot001/007011

     私がネット上で集めたものをノートのようにおおまかにまとめておきました。理論としてはだいたいわかったのですがそれでもJリーグすべてのクラブに浸透しているとはいえませんよね。専用のトレーニングマシンをいくつかのクラブがそろえるぐらいじゃないと、今の選手個人では限界があると思います。
     またイチロー選手にはアメリカへ専用マシンを送ったそうですが、一般のトレーニングジムにも専用マシンは置いていませんし。なにか個人で工夫して初動負荷理論トレーニングを実施しているのでしょうか。
     
     今週のサッカーマガジンはジュビロ優勝とアルゼンチン戦記事でいっぱい(満足)でした。でも愛媛FC記事がまだ載っていないようです。

コメントを残す