愛媛県大会準決勝


 お正月の高校サッカーの予選が行われている。11月の中旬には全ての出場校、組合せが決まる。
 さて、愛媛県大会準決勝、今年新人戦・インターハイを制している松山工-母校南宇和。南高はチーム作りに出遅れながらこの大会に照準をあわせ調整してきた。一方の松山工の監督は前南宇和監督の谷謙吾。南宇和の監督の鹿島先生とは部長と監督の間柄だった。

 さて、結果は南宇和が先制するも、松山工の逆転勝利。三冠に向けて決勝に駒を進めた。

 この時期は、気温が低くなり体が動く。また、この大会は応援団が凄い。選手はついついオーバーペースになってしまう。体の動かない夏にしっかりと体力作りをしておかないと最後できつくなってしまう。


You may also like...

コメントを残す