高校選手権愛媛県大会その2


 高校選手権愛媛県大会は谷謙吾監督率いる松山工業が新人戦、インターハイと3大会全て制した。
 谷先生は松山から清水東高に進み日体大、私が高3の時に新任教師として南宇和高校に赴任した。
 監督は現在の愛媛FC総監督の石橋先生、谷先生はコーチとして経験を積んだ。
 そして私の弟が高1になるとき、石橋先生の転勤に伴い谷先生が監督を引き継いだ。
 結果を出した監督の後を引き継ぐことは本当に大変だったと思う。
 そして谷監督も南宇和を去った。松山工で結果もだした。南宇和は最後の大会でも谷監督に勝てなかった。
 しかし、南宇和には高校時代活躍した選手達が指導者としてグラウンドに帰ってきている。次は石橋監督、谷監督の教え子が挑む番だ。

You may also like...

コメントを残す