フルハム稲本トップ下の訳


 日本でのプレーで稲本選手はボランチとしての地位を確立した。しかく昨年移籍したアーセナルでは左サイド、今期フルハムではトップ下とボランチでのプレーは見られない。
 私自身、稲本選手はこれからのボランチ像としてイメージしていた。フィジカルが強く、ロングボールでゲームを創ることもでき、自らゴール前に進出して得点を取ることもできる。

 しかし、今年稲本選手のポジションはトップ下だった。点の取れるMFだからトップ下で使っているのだろうか。

 アーセナルの練習に帯同したスポーツライターの三浦さんから聞いた言葉は衝撃だった。
 「稲本はなんでトップ下か分かる?」「稲本一人ではアンリやビルトールは止められんよ。だってあいつら岩やぞ」三浦さんが言うには日本でフィジカルが強いと思われた稲本選手はプレミアリーグでは貧弱だったのだ。言われてみれば・・・、そう考えたことはなかっただけに選手というものを見直すいい機会になった。

 そこでここのところ日記に書き込んでいるようにヨーロッパで日本人のDFがプレーしているところをみたいということにつながっているのだ。

 トルシエ日本代表が組織的な守備で戦ってきた。それは個々の守備能力のなさを補った結果の戦術だった。
 ジーコ日本代表では秋田・松田・名良橋・中西と身体能力の高い選手がDFとして選ばれた。ジャマイカ戦、中盤との守備でのコンビネーションがうまくとれず簡単に突破されることになった。アルゼンチン戦、福西と中田浩二をボランチにおきラインの統制のとれたディフェンスラインは一定の成果があった。というより前半に限っていえば素晴らしい出来だった。秋田・松田も強さを見せた。

 ジーコジャパンでは個々の強さが求められる。これこそが2006年W杯で結果を残すために重要なことである。これまで組織で補った個々の弱さを個人の力を伸ばすことで解決する。世界の強国はDFラインの3人だけで守りきってしまうような印象を受ける。このDFの強さを日本代表が身に付けたとき日本代表は結果を残すことができる。


You may also like...

2 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まえにちょっと書かれていて気になっていた稲本のフィジカルことを書いてくれてはっきり理解できました。
     稲本はJリーグでは跳びぬけた身体能力なのに・・
    私は、国際空港で伸長190cm以上の白人たちと出会うと日本人の体にコンプレックスを感じてしまうことがありますよ。
     でもジャイアント馬場も日本人(笑)。単純に言って今のプロレスラー並みの体のDFが出てくることでJリーグも変ってくると思います。今の育成状況では不安。国内のみで強化される高校生たちには特に不安です。

     高原のような小学生のときすでに170cm近くあり巨人と呼ばれたJr選手がその体格を生かし簡単に活躍してきた静岡・日本の環境と、小学生から170cmある選手が当たり前にごろごろいる中でもまれてきた欧州のJrからの環境では根本的に差がある気がしています。

     でもお隣の韓国には体格のいい選手が多い。幼年代からの国際交流を盛んにすることで(高原・小野もそうだったSBS杯など多数の国際戦を経てきた)海外を意識して自己を強化していく選手がさらに増えることが良いと思います。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    日本の育成の本当の課題は大きくて強い選手をどうやって育てていくか。大きい選手は技術等身につくのが小さな選手より遅い。指導者がどこまで我慢できるか・・・。あと、大きい選手は精神的な面で課題がある場合が多い。この辺をどう理解していくかがW杯ファイナルへの道だと思います。

コメントを残す