念願が実現する日が来た


 昨日の朝日新聞に興味深い記事があった。「飛び級」導入の下に中高生にリーグ戦の文字が・・・。
 「飛び級」ももちろん興味のある記事だが、中高生にリーグ戦、これこそ日本サッカーの強化のために必要なことである。
 しかも記事を読んでみると1チームから複数のチームの参加、クラブチーム、合同チームの参加など今までの枠を越えた取り組み。
 私も部員150人の高校で指導していたためこのようなリーグの必要性を常に感じていたし、クラブチーム作りなど監督と相談していろいろな方法を探っていたが結局何もできなかった。
 それが日本協会の主導でこのようなリーグ戦が生まれることは底辺の底上げにつながるし、学校の部活での不平等が解消されることになる。やはり150人の部員で試合に出れるのは15人、後の選手には公式戦での経験をさせることは難しいし、学校自体が荒れる原因にもなっている。

 もっと重要なことはリーグ戦の導入ということである。これまではほとんどの大会がトーナメント形式で行われており、一度負けると次のチャンスはなくなってしまう。リーグ戦の導入でトーナメントと一番違うのは負けたとしてもまだチャンスがあるということである。選手は我慢することができるし、失敗を取り返すチャンスがあるということだ。負け試合を引き分けに持ち込む、1-0できっちり勝つ、得失点差を計算する、勝ち点の計算をする、トーナメントでは経験できないサッカーの本当の面白さを体験することが出来る。
 あとは指導者がどう選手を導くかである。もう全勝のみを目指すサッカーの時代ではない。もっと幅広く、もっと対戦チームの研究をして、自分の身の丈にあったサッカーをすることが必要である。それにはたくさんの公式戦を経験できるリーグ戦でなければできない。10節あるリーグ戦で、最終節だけ勝つために試合をしているチームもあっていいいと思う。もちろん全勝優勝を目指すチームがあってもいい。指導者の導き方次第で選手は育つ。そのための環境は整ってきた。


You may also like...

4 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    そういえば、選手権の予選では一部リーグ戦を取り入れているところもありますよね。
    千葉県を例に取ると、2次予選は2ndレグ方式、3次予選は4チームでのリーグ戦が行われています。ほかにもあるとは思いますけど、実は私もよく判っていません(^^;

    サッカーは引き分けのスポーツだと思うんですよね。引き分けをうまく使ってチームの勢いやリーグ戦の流れをつかんでいくテクニックは、リーグ戦でないと掴みようがないですよね。大会でリーグ戦を導入することで、リーグ戦の駆け引きを覚え、それが世界大会で実践できることこそ、日本のサッカーの強化につながると思いますね。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おり(pucchi123)さん
     確かに埼玉県でも4チームのリーグ戦で行われています。純粋なトーナメントは新人戦だけです。

     しかし4チーム総当りの3日間で終わってしまいます。3試合で土日土とか日土日といった感じです。選手は1週間だと集中力が持続します。4チーム中2チーム抜けという方式が多いのですが、勝ち抜けラインは勝ち点3です。1勝1分けで得失点勝負が最終ラインです。2勝すれば確定。
     こういう短期決戦のリーグ戦ではなく例えば同じ4チームのリーグ戦でもチャンピオンズリーグのように2回戦の総当り6試合になればもっと星取り計算が複雑になります。今期のS級ライセンス講習会の中でもこのチャンピオンズリーグの星取り表から次戦の戦い方を考えるという宿題が出てました。一緒に考えたのですがなかなか面白かったです。
     理想を言えば最低5チームの2回戦総当り8試合、土日土日で行っても1ヶ月かかる方式がいいと思う。
     選手も1ヶ月間この大会のことだけを考えて日々を過ごすことができる。2週間以上の日程が短期決戦とは違う本当の強さを求めることができる。
     後は勝ちのみを求める指導者、親の問題ですかね。特に親が理解を示して引き分けや3-0から1点返す得点の価値を見出して欲しい。

  3. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     正直そんな夢のような理想の環境が始まるのか今は信じられません。それだけに根付いたときの効果、価値はとても高いと思います。部員100人いて公式戦14人程度が当たり前のように思っていたので。例えば、α高校Aチームは全国大会目指してても同校Hチームは1勝を目指してリーグ戦を戦ってる。うまくなったら上のチームに上がれるし試合の面白さの中でサッカーを楽しめるなんてまさに理想です。実現すれば凄い事。やっぱり本当なのか疑いたくなります(笑)

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    一番厄介な問題は指導者の問題。例えば高校チームでiチームまで作ったとする。Aチームはともかく下のチームまで一貫した指導ができるか?一番労力のかかるレベルの下のチームを誰が面倒見るのかということです。
     まず高校の教員でそんなことができる人がいたら宝くじに当るようなものです。そこにこそJを経験した選手やOBが面倒を見ればいいのだが、費用の問題が出てくる。しかし、リーグ戦があることが大事。その中でいろんな意見が出てくるはず。まずはやってみること。

コメントを残す