日が昇るチームと沈む?チームの戦い


 天皇杯2回戦、平塚競技場に行ってきた。
 結果は残念ながら愛媛FCは湘南ベルマーレに0-1で敗戦。J1FC東京との対戦は実現しなかった。
 しかし、素晴らしい戦いだった。破れはしたが、勢いを感じた。
 対する湘南。湘南ファンの方ごめんなさい。悪気はありませんが感じたままに書きます。J2に浸ってしまったチームだなという印象を受けました。身体も強い、技術もある、しかし何かスピリットを感じなかった。各下相手だからなのかもしれない。
 しかし、フジタからベルマーレになったころのチームはこんなものではなかった。岩本、名良橋、野口らが見せていた、ファルカンが日本代表に選んだころのベルマーレの勢いはこんなものではなかったはずだ。
 もしかしたら愛媛FCがJ2昇格を果たし5年くらい経過すると同じような状態になってしまうのかもしれない。
 もしそうなったら誰が応援してくれるのだろうか?湘南にはたくさんのサポーターが今日も足を運んでくれていたが、いつまで応援してくれるのだろうか?
 選手がサポーターから元気をもらう、サポーターは選手からさらなる元気をもらう。サポーターは自分の姿に置き換えて応援しているのではないだろうか?負けない試合を見たいのではない。頑張ってる姿が見たいのだ。勝てばさらに嬉しい。負ければ悔しい。それは闘う姿勢があることが前提だろう。
 試合が終わって愛媛FCの来年度のサポータークラブに加入することを決めた。年間1万円。愛媛FCの選手はノンサラリー、それでも一生懸命頑張っている。少しでもその足しになればいいと思う。帰りのマイクロバス、愛媛FCの選手と一緒に横浜まで同乗させてもらった。FWの友近選手は来年は選手生命を懸けて頑張りますよと言ってくれた。できる限り応援します。しかし5年後彼らが年俸1000万円取っていたら私はサポータークラブに1万円払うだろうか?払わないような気がする。ここがJクラブを運営するのに一番の問題点かもしれない。ちょっと言葉足らずですが今後補足したいと思います。

You may also like...

8 Responses

  1. ちのっぴい より:

    SECRET: 0
    PASS:
     結果だけ聞いて「あれ?」と思っていたの
    ですが、「そういうこと」だったんですねぇ。

     今日は私も水戸ホーリーホックの試合を見て
    いましたが、J2チームとはいえ、明らかに相
    手を「見下した」戦い方をしていました。

     湘南もきっと似たような感じだったんでしょ
    うね…。

     天皇杯のモチベーションはつくづく難しい
    と思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    まあ、人それぞれの見方があるのかなぁって今日のipizumiさんの日記を見て思いました。
    私はついこの間最終戦(対川崎フロンターレ戦)を観戦していましたけど、「もしかしたら来年は湘南も昇格候補にいれておいた戦い方をしないといけない」って感じてしまいました。それくらい、降格してからのここ3年間では湘南は確実にチーム力を上げてきています。

    天皇杯の格下相手の戦い方は本当に難しいものがあるかもしれません。

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ちのっぴいさん
    書き込みありがとうございます。プロ選手である以上どの試合も全力で望むことが必要だと思います。
    1日の全ての時間をサッカーだけに費やすことができるプロサッカー選手。短い選手生命なのだからもっともっとピッチ上で表現して欲しい。チャレンジして欲しい。湘南の坂本選手(静岡学園)、吉野選手(習志野)、本橋選手(市立船橋)、高校時代もっともっと輝いていた。もっともっとやんちゃだった。今日は正直輝いてなかった。たった1試合見ただけでこんなことを言っては失礼かもしれない。高校時代はたった1試合見に行っただけの試合で感動した。何が違うのだろうか?

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ベルマーレもフジタが撤退するまで結構いい選手いましたもんね。ヒデがいるころは結構、関西に来たとき見に行きました。愛媛も結構強いんですね。

  5. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おり(pucchi123)さん
    湘南のチーム力が低いわけではありません。個々の選手の能力は愛媛FCとはやはり差があります。特にフィジカルの差は歴然としていました。年間40試合リーグ戦をこなしているチームと週2回の練習で闘っているチームでは比べる必要もありません。
     愛媛FCは足りない個の力を組織プレーで補っている。湘南は組織に頼らず個の力で戦っている。これは今の日本代表と欧州・南米特に南米の構図に似ていると思います。
     決定的に違うのは先日の日本-アルゼンチンでアルゼンチン代表には格の違いを見せつけられたと思います。ベロンがクレスポがチャレンジしていたと思います。
     今日、湘南に感じたのはチャレンジしていないということです。J2(格上)のプライドを感じなかったということです。
     技術や戦術ではない想い。J2レベルになれば想いがJ1昇格の重要な要素になると思います。その想いの基になる意地やプライド、執念といったものを選手から感じたかった。今ジュビロが結果を出しているのはこの部分が他のどのチームよりも勝っているからだと思います。だから完全優勝を遂げることができた。高原選手の想い、試合を見なくてもスポーツニュースからだけでも伝わってきます。
     今日本の選手達に求めたいのはこの想い。アジアカップで準優勝しながらなにか違和感を感じたオリンピック代表。U20代表にも同じことを感じた。組織を超えた個、それはチャレンジする姿勢からしか生まれてこないと思う。

  6. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
     愛媛はまだまだです。J2チームと闘うにはもう少し経験が必要です。
     来期は30試合こなさなければならないJFLで真価が問われます。ただ選手は手応えをつかんだようです。まだまだ若い選手が多く伸びる可能性は大いに秘めています。
     ベルマーレに中田選手がいた頃は本当に面白かった。何も恐れずにチャレンジするサッカー。今年は前期のベガルタ仙台がそういうサッカーをしていた。後期のレッズも途中まで迷いがなかったと思う。
     こういうチャレンジするチームが増えることがJの一番の活性化になる。どのレベルでもチャレンジするサッカー、この不景気の中、皆を元気にさせてくるプレーが見たい。愛媛FCにはその想いがある。ノンサラリーでアルバイトしながらJ2にあがるんだとチームが一丸になっている。チーム力はまだまだ。だが、FW友近選手、DF大西選手、小原選手からは何かが伝わってくる。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >ipizumiさん
    ごめんなさい。まず「J2にどっぷり浸かっている」という表現で、本当に言いたかったことでない受け取り方をしてしまいました。
    私はサッカーの試合は戦争の代わりにしているスポーツだとは思っていないので、「サッカーは戦争だ」っていう意見には絶対に与したくないのですけど、ただ勝つ気のない試合を見せられるのほどつらいものも無いですよね。
    スピリットといえば、1999年にあれだけJ1でぶっちぎりの最下位だった平塚がジュビロ磐田を逆転で破ったことって自分の中ではもの凄く印象に残っています。そして降格の決まった試合終了後にロッカールームで泣きじゃくっている選手を見ていて、「この選手たちは最後まで諦めずにサポーターのために頑張っていたんだな」っていうのは伝わっていました。しかし、その後の湘南の試合を見て、1999年の平塚以上にスピリットを持って戦っている試合は私は見たことがありませんし、多分そのような戦い方はしていないと思います。
    J2リーグは技術や実力以上にハートが大事なはずです。今年の大分が優勝できたのは、今まで以上に精神的にタフになったのがあると思います。

  8. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おり(pucchi123)さん
    いつもありがとうございます。
    なぜ世界中の人々がこのサッカーというスポーツにこれほどまでに熱中するのか?アクロバチックなプレーを見るのでもなく、システマチックな戦術を見るのでもなく、ベッカムのようないい男を見るためでもないですよね。勝利に向かって真剣に戦う姿に感動しているのですよね。その中にベッカム選手のようなスター選手が生まれてくるし、個人技が映えるんですよね。私はそう思います。

コメントを残す