高校卒業後海外へ


清水商の菊地選手が代理人契約をし、海外移籍の道を探っているようだ。
これまでとは違う全く新しい進路の道を、中田英選手はじめ小野選手、稲本選手等が切り開いた道を後輩が歩もうとしている。
海外挑戦、しかも留学という形ではなく正式な形。これが実現すると日本サッカーはますます世界に近くなる。
これ位の力、これ位の能力をそなえていればオファーがある。そのスタンダードが日本にできるのである。
これまでは日本人の独断で選んできたものが海外との比較で価値が決められる。ますますシビアな世界になっていくのである。
その中で選手を育てられる指導者の価値も上がってくる。ここのところ高校選手権の舞台には出てきていないが大滝先生の清水商からプロで活躍している選手は本当に多い。そこからさらに新しいスタンダードが生まれてくる。そして当然清水商に挑戦する他校のレベルも自ずから上がる。そしてスタンダードがより明確になる。この新しい「風」は日本サッカーのレベルをまた一つ上げることになるだろう。

You may also like...

1 Response

  1. 二枚目半 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     本当に嬉しいことです。^^
     ドーハの悲劇、最初に日本がW杯を意識した時、この事が多くの少年がサッカーに目覚め、Jリーグというプロの道が開かれた年代の少年達が今の世代。
     あの時の種が開きつつある。

コメントを残す