愛媛FC第3節 2勝目


JFL愛媛FCの第3節はホーム愛媛で行われた。対戦相手は強豪佐川急便大阪。元Jリーガーも数人いる力のあるチームだ。
佐川急便大阪のトップには元清水の横山選手、センターバックには元C大阪の影山選手。

影山選手はサンフレッチェ→阪南大学→セレッソ大阪という経歴の持ち主。阪南大学時代の試合を数試合見たが存在感があった。また鳥取でのワールドウィングでも一緒になったこともあったが、気持ちの良い選手である。

彼がJで活躍できなかったのはなぜなのだろう。ちょっと疑問が残る。しかしこうしてサッカーを続けてくれているのは嬉しいことである。

話が横にそれたが、試合は2-1。友近選手の先制ゴール、同点に追いつかれた後に兵頭選手の勝ち越しゴール。観客は約800人。初戦が3000人だからかなりの営業努力があったのだろう。

しかし、連敗しなかったのは大きい。リーグ戦では連敗が命取りになる。ホームでしっかり勝ったことでチームの基準線が見つけられたのではないだろうか。

ここでこういうサッカーをすれば勝てるという感覚はホームゲームに必要だ。ホームで連勝。次節はアウェイでYKK。弾みをつけたい。


You may also like...

コメントを残す