4-3-7.サイドの選手の守備


一番難しいのがここのポジションだ。
ここで優位に立てると試合に勝てる確立は一気に高くなる。

何よりも難しいのがサイドの選手の守備。日本サッカー協会の指導指針にある守備の原則はここの選手で当てはめると考えやすい。

なぜこのポジションのディフェンスが難しいといえば、ボールとマークする相手を同時に見なければならないからだ。

私は例えば左側のディフェンスの場合、自分の左の肩越しに自分のマークする相手を感じながら(間接視野で見るから見るではなく感じる)ボールを見る。常に左の肩越しに相手が見えるようにポジショニングを修正できればそんなに間違ったポジショニングにはならないと思う。

まずはボールを見ながら相手を感じる練習。これを身に付けて欲しい。