4-3-7-4.サイドの守備(アプローチ)


アプローチ。AからBへのパスが出たときBがボールを触るまでの間にどれだけ間合いを近づけられるかがここでの重要な要素だ。

Bに対するポジショニングをしっかり取っておいてAからパスが出ると同時にダッシュして間合いを詰める。

パスのスピードが遅かったら迷うことなくインターセプトして速攻を狙う。

難しいのは、相手がボールを触った瞬間にはしっかり止まっておくこと。ここで足が動いていたら攻撃側の選手があなたをかわすことは簡単だ。

アプローチで間合いを詰める際、守備側はインターセプトやプレッシャーによるトラップミス、コントロールミスを誘う訳だが、攻撃側はこの力を使って守備側を手玉に取ることを狙っている。

まずは一発で縦に抜かれないような身体の使い方、タイミングを覚える必要がある。これは繰り返しの修練しか近道はないだろう。

アプローチを全員がしっかりできるようになれば、チーム全体の守備のレベルは格段に上がる。


You may also like...

コメントを残す