コロンビア戦、前半終了


いきなりコロンビアの素晴らしいパス回しで試合が始まる。
開始からエンジン全開。20分はしのがないといけない展開になる。ただ、これだけショートパスでゲームを作れるチームは中々無い。ここにバルデラマがいたら・・・、なんて思ってしまいました。とにかくボールを動かす方向がいい。ゴールに向かってショートパスを早いタイミングで通す。日本にとってはとても参考になる組み立て方だったと思う。

さて試合のほうはコロンビアの早い展開のお陰で日本にもスイッチが入る。日本もコロンビアにつられて早いタイミングでのパス交換が目立ってきた。

その中心は中田英。人間ってこんなに動けるものなの?と思える程の運動量。縦へのパスが多くなって展開だけに中田英の運動量の多さが目立つ。

攻守の切り替えが早く縦を狙っていく日本の中盤の動きで山田、アレックスの両サイドがスペースを得た。

前半は0-0。後半は小笠原に変えて奥を投入してはどうだろう。リズムを変えてゴールが欲しい。


You may also like...

4 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    遠藤は成長しましたよね。奥の投入もう少し速くてもよかったと思いました。
    小笠原国際試合弱いっすね。

  2. Naoto HEADs より:

    SECRET: 0
    PASS:
    東京なんですね~!!
    雷門。。。知らなかったんでかなり淋しかったです。
    隅田川でボ~としてました(笑

    こんふぇで、残念でした。
    次はもっと強い代表になりそうな期待が
    出来ました。新しい選手の躍進が嬉しかったです☆

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    中田浩二と小笠原の組み合わせで勝負したんじゃないかなと思いました。
    ボランチの中田浩二は少し運動量の少なさが気になっていたので守れる小笠原を起用したのかなと・・・。

    まあ、あれだけ決定的な場面で外してしまえば勝つのは難しいですよね。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Naoto HEADsさん
    >東京なんですね~!!
    雷門から歩いて5分くらいです。毎朝雷門の前を通っているんですがやっぱり寂しいものです。
    8月に新しい提灯になるそうですよ。

    コンフェデはそうですね、大久保選手・遠藤選手の活躍、中村俊輔選手の成長が印象に残りました。あと期待したいのがレッズの坪井、山田両選手。ゲームスピードが上がったことでチームのレベルも上がるのではと思っています。

コメントを残す