日本代表の成長を感じた部分


昨日の日韓戦をもう一度振り返る。
日本代表に組織はなかった。コンディションが悪いというのはプロの日本代表として言ってはならない台詞。

しかし、86分まで失点は無かった。韓国にシュートは打たれても足に当てていた。

実は昨日の試合で日本の成長を感じた。以前の日本代表だったらもっと簡単に失点をしていたはず。あそこまでシュートブロックできなかったはずだ。相手がシュートモーションに入って足を出しに行く。簡単なように感じるかもしれないがやってるほうにとっては大変な作業なのだ。

3年前、高校生チームを率いてスペインに遠征した。アトレチコ・マドリードやバジャドリード、アスレチックビルバオ、ラーヨバジャカーノなどスペインリーグ1部のユースチームと対戦した。

私達のほうが組織的には明らかに上回っていた。ボールポゼッションもできた。でもなかなか得点に至らない。

日本ではシュートできてるタイミングでスペインのチームは足が出てくるのだ。ワンツーで抜け出して楽々シュートのところに足が出てくる。

ちょうど昨日ゲームでやられたと思う場面でスライディングで飛び込んで足に当てるという場面があった。ばたばたしているように見えるのだがこれができるのとできないのでは大きな差がある。

日本に欠けていた部分が組織で守れない分、やらなければ失点するということで芽生えたのかもしれない。

何にしても個の成長が感じられた1部分。これからの日本代表に必要なのはこういった部分かもしれない。


You may also like...

4 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     私も「組織力で個人の弱さを補ってきた」これまでのやり方の限界がベスト16だったと思います。ただそれでも世界のベスト16は行けたじゃないかというのであればこれまでの日本代表以下日本サッカーの組織力重視で、万年予選リーグ突破を目標にしてればいいんですよね。

     協会も、負けても苦労しても、もっと上じゃなきゃ嫌だというところから、最初は何年もかかるかもしれませんが、「個人と組織の両輪で」突破していこう、Jリーグ以上にはなれないんだと、そこを支えるのが国内ユースリーグだ。たぶんそういう路線できているのだと信じます。

     アフリカ選手のように1対2、1対3を平気でドリブル突破してシュートまで持って行くような選手を何人か日本が育てられれば、組織力は天賦のものを持っている日本人なので、後で組織を教えてもうまく行くと思うんです。日本からペレの再来や日本クライフが出られるような環境や指導とはどういうものか日本も研究して整えたいですね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    呼吸法やってみます。いやぁジーコバッシングが多い中うれしいっす。個人と組織の両輪で。foot001さん↓さすがにいいこというなぁ。後半間延びしたけど、前半のボールの囲い方とかはいいと思いました。アレックスは変えても良かったですね。

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    日本代表のレベルアップには守備の強化が不可欠。組織ではない個の守備力がアップすれば自ずとW杯決勝への道は開けるはず。今は我慢、ジーコを信じよう!

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    アレックスは最後までチャンスをもらったんだと思います。誰の目にも明らかにリズムを崩していました。
    それでも得点に絡む選手というのもいる。アレックスにはそれに期待したのでは・・・。
    でも自滅。次のチャンスは遠いだろう。

コメントを残す