4-3-8-2.底の選手のコーチング


底の選手は最後の砦。むやみに動き回ってバランスを崩すことは極力避けたい。

読みが当たったときやボールがこぼれたときなど100%ボールを奪えるとき以外は前には出ない。

じゃあ、何をするのか?一番難しいことだが、他の3人を声によって動かすのだ。「コーチング」である。

自分はできるだけ動かないで回りを動かす。そして自分はバランスをとる。ポジショニングで穴が空いたところをバランスで埋めていく。

大きな視野を持たないとコーチングはできない。


You may also like...

コメントを残す