4-3-8-3.センターバックとしての役割


底の選手にはリベロの選手としての視点にプラスしてストッパーとしての強さも必要になる。

これまではリベロとしてバランスをとる動きそしてコーチングをその役割としてあげたが、センターバック(ストッパー)としての役割は全く別のものだ。両者の役割を一緒にして考えてしまうと役割がボケてしまうので別のものとして捕らえたい。

センターバックは相手トップにプレーをさせないこと。マンツーマンディフェンスが基本となる。

まずはどこの選手でも同じなのだが裏を取られないこと。胸を張って相手の肩を抑えれば相手トップは自由に動けない。相手の行きたいコースを先に先に抑えるといいだろう。

一番大事なのはファールをしないで相手トップに入ってくるクサビのボールをインターセプトできるかだ。これにはリスクを伴うのでできるだけ安全な方法で行いたい。

まずはオフ・ザ・ボールの動きで背後を取られないようにすること。ポジションを相手に合わせて微調整する必要がある。
そうすればトップには足元にしかボールは入ってこない。だからといって足元に来たからすぐに取りに行っては相手トップにスクリーンされて抜かれてしまうだろう。
足元にボールが入っても慌てない。一番のチャンスはトラップしたところだ。飛び込むタイミングを一歩ずらしてボールを止めた瞬間を狙ってみると意外とボールを奪うことが出来る。もし取れなくても今回も慌てない。胸を相手の肩に当てて簡単に振り向かれないようにしよう。振り向こうとするところがまたボールを奪うチャンスになる。

ボールを奪うことが大事なのではなく、シュートを打たれないこと、得点につながるプレーをさせないことが大事。ボールを後ろに戻させることができればひとまずOKだ。あまり、あせってボールを奪うことだけに意識が行かないようにしよう。大きな壁であればいいのだ。


You may also like...

4 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    う~ん。なるほど。リベロとストッパーはぜんぜん違いますね。

     JFL次の佐川印刷は新参ながら京都ダービーに勝った勢いで愛媛に乗り込んできますね。ホンダと互角に戦った(PK失敗で0-1敗戦)ニュースを聞いたときから、手強いと思っていたんです。相手のリズムでカウンターされないように、愛媛は必ず先制したい。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    愛媛FCもリズムに乗ってきました。
    きっと大丈夫でしょう。大きな壁を乗り越えた感があります。
    若いチームだけに調子に乗ると手がつけられないのが愛媛FCです。落ち込んでしまうととことん駄目ですが・・・。

    5月末までに5位以内という目標はクリアできなかったが頑張って欲しいですね。

  3. あき. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。

    なるほど。。
    よくコーチが『無理にボールをとらなくていい』って言ってた意味がやっと分かりました。。
    どうしても『捕ろう』という気持ちばかりであせってしまいます^^;

    >先のことを考えずに「今だけよければいい」という考えを少し改めないと・・・。

    そうですね。。今一度改めさせていただきます。

    私の会社でも3年程前から『リサイクル部門』を発足し
    色々模索しながら今、やっと軌道に乗り始めています。
    どうしてもコスト部分はお客様負担になるので工場との交渉が大変でした・・・。

    それなのに・・私生活はいい加減。。ではだめですよね^^;
    あ・・でもペットボトルはきちんと分別してます^^
    でも『洗い方』。。気をつけます・・。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あき.さん
    リサイクルは強制では進まないと思います。
    できる人ができる時にできるだけ意識して少しずつ意識改革していく。
    ペットボトルも今ではラベルもキャップもつけたままでいいところが出てきた。でも、中にタバコの吸殻が入っていてはキャップとラベルを外してもリサイクルできません。

    環境問題はとにかく知ること。正確な情報が少なすぎます。

コメントを残す