不法投棄と焼却処理そしてリサイクル


二枚目半さんのおっしゃるとおり、一番コストのかからないごみ処理方法は、不法投棄であり、不法処理である。
そしてその次に効率がいいのが焼却処理、減容率も大きく大量のごみを処理することができるが、規制も多い。

だいたい人口8万人の町で1日の可燃ごみは約100t。栃木県佐野市では昨年11月末のダイオキシンの規制変更によりそれまで稼動していた焼却炉が使用できなくなった。余談だがその処理委託先の鹿沼市で佐野市のごみが原因で職員失踪事件が起きた。1日の処理委託の金額は全部で約300万円。月に1億円かかる計算だ。

やっと焼却炉の建設場所が最近決まったのだが稼動までにはまだ数年かかる。

そしてリサイクルはやはり処理コストはかかる。焼却処分と比べても分別したり洗浄したり手間もかかる。

また1日100tという巨大なリサイクル施設を建設したとしてもそこで再生されたリサイクル品の出口を確保するのは容易ではない。

そこでごみ処理を安全に効率的に行うとするとすれば、出口に見合ったリサイクル施設と、最低限規模の焼却施設、そしてごみの減量化に向けて、「大量生産大量消費からの脱皮」をはかるしかないのではないだろうか?


You may also like...

6 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    一般ごみと産業廃棄物を一緒に考える人多いけど、不法投棄というのは産業廃棄物のほうでたくさんでますよね。それを結局税金で市民のお金で処理するということになる。
    発電付ごみ焼却炉はは、工業地帯の遊休地に作ったりするのはいいと思うんですけど。

    一般ごみは分別を徹底的に家庭でもさせないと。そうしないと、目の前から消えたらごみはなくなるとみんな思ってるし。そういう人たちって、平気で川なんかにもごみ捨てるでしょ。

    分別はみんなが大変で面倒だと感じるくらいまでやらないと。今後どうしようかなんて考える人いないと思うし。

  2. Naoto HEADs より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ベガルタ、ベガルタタンブラー発売しました。
    これは、スタジアム内で販売しているビールやジュースの紙コップのからなるゴミを削減しようというのがねらい。
    タンブラーを買って、そこに飲み物を入れてもらうシステムです。ビールだと¥100引きだそうです。
    随分前から、どうしても紙コップのゴミとかが気になってた部分があったので嬉しかったです。ベガルタはそういう事も考えてるクラブだと思うと。

  3. 二枚目半 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     ゴミをリサイクルすれば安全と引き替えになる恐れもある。 全員が出来て、ほんの少しの努力でゴミを貰わない(過剰包装や残飯・・)ことが重要だ。
     夏休み旅行シーズンだが、いつも思うのは旅館などがやってる2食付きだと、余るほどの食事を出す宿が多い。量より質で残飯を出すことを押さえて欲しい。
     栃木県藤原町(鬼怒川温泉)の処理場に堆積された凄い量の焼却灰・・高温で再焼却してから処分か?
     どこの自治体も焼却灰の処理には困ってるとおもう。

     

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    最近では産業廃棄物だけでなく、一般廃棄物の不法投棄も増えてきてます。
    一般ごみは分別してもリサイクルできないものも多い。リサイクルできても市場に再投入されないで山になってるものもある。
    難しい問題です。

  5. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Naoto HEADsさん
    こういうたくさんの人が集まる場所で新しい試みが広がっていくと、広がり方も大きいと思います。
    大分でも似たような試みがなされてますし、どんどん広がっていくといいと思います。

  6. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    二枚目半さん
    そうですよね。みんなのほんの少しの気遣いで大きく改善されると思います。過剰包装、過剰サービスを求めないよう意識を変えてく必要もあると思います。
    大事なのはちょっとしたことなんですよね。

コメントを残す