衝撃の事実


 朝日新聞のくらし面担当記者の方に紹介された本を読んだ。
 本のタイトルは「産廃コネクション」、廃棄物処理について千葉県の役人さんが書いた本だ。
 自分も産業廃棄物処理業者なのにこの不法投棄の実態。信じられない。噂には聞いていたがまさかここまでとは・・・。

 私達のシステムも大手電機メーカーが協力してくれることになった。一緒にやっていく仲間もできた。しかもみんな30歳。私が30歳になったら「環境30歳の会」を結成して頑張っていこうといっている。1人1人の意識を変える以外この環境問題は解決の方向に向かわない。今年は勝負の年、本当にいい仲間を見つけていきたい。


You may also like...

6 Responses

  1. 二枚目半 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     千葉には産廃による万里の長城がある。
     安いが正義の現在では、依頼者責任を問わないと不法投棄はなくならない。不法投棄した業者だってマニュフェストは出すのだ! それが実体。
     栃木でも事情は同じ、悪質なのは他人の土地に捨て逃げするやつ!! 被害者が大金出して片づける。警察なんか真剣に調べもしない。
     那須のご用邸の隣接地も産廃で汚染されている。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    二枚目半さん
    本当に今の価格安重視の傾向ではこの不法投棄問題は解決しない。
     やはり普通に生活しているとごみの処理がどうなっているのか見えてこないのが一番いけない。
     ごみ処理の実態が見えてくると排出者の意識も変わってくるはずだ。

  3. 1/4マダム より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。ゴミ問題のページ、読ませていただきました。「環境30歳の会」は着々と進んでいるのですか?

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    1/4マダムさん
    一応結成はしたのですが・・・。お互いが忙しすぎて中々情報交換ができない状態です。
    夏が終わる頃にはゆっくり話ができるんじゃないかなと思っています。

  5. 1/4マダム より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >お互いが忙しすぎて中々情報交換ができない状態です。

    なるほど・・。それにしてもこの世代が生まれたときって、オイルショックでトイレットペーパーを買いに親は走ってたらしいですし、色々大変でしたよね~。私も来年30歳なので、気になっちゃいました☆

    そうそう、奥様、おめでとうございます!

  6. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    1/4マダムさん
    今日は「環境30の会」の一人と会いました。
    彼は彼なりに独自の取り組みで活動しています。
    みんなで集まってどうこうというよりこんな感じで一人一人が独自に取り組んで大きく育っていくのもいいと思いました。
    環境問題、これがいいという答えはないから、いろんな取り組みが出てくる、この中からみんながやりやすいものをスタンダードにしていくというのが正解かも、なんて思ってます。

コメントを残す