誰でも可能性は無限大


日曜日の愛媛FCの試合を見た後立ち上げの頃のことを思い出した。
今ではこんなにも応援してくれている人がいる。

ここまでのチームになったことを、「石橋先生だからできたんだよ」という声が聞こえてきた。

イチロー選手が、松井選手がメジャーで活躍しても、イチローだから、松井だからとそれだけで話が終わってしまう。

私はそんなことはないと信じたい。松井選手のことはよく知らないがイチロー選手のことはプロがびっくりするプロ選手だと鳥取のワールドウィングで小山先生から話を聞いた。
野球に対する真摯な態度があそこまでの選手になる原動力だったのだろう。

サッカーの現場から離れてみて、サポーターといわれる人達とはじめて接した。私はプロ選手よりずっとプロ選手だと思う。自分の仕事を持ちながら休日毎にチームを応援するため全国を行脚する。私にとっては正直信じられないことなのだ。
でもそういう人達のお陰でスポーツは成り立っている。プロ選手という選ばれた人間になってもその重みに気付いていない選手がたくさんいる。

強い心と少しの手助けさえあれば目標に向かって進むことができると思う。

この広場がこんなに続いたのも最初の頃にfoot001さんに毎日のようにコメントをもらったから。あの手助けがなければここまではまってしまうことはなかっただろう。

こんなことはともかく、誰にでも大きな可能性がある。愛媛FCも石橋先生だからできたのではなく、そこに人が大西選手や友近選手など想いを持った選手が帰ってきたこと、亀井社長のような人がブレインになってくれたこと、佐伯さんや篠原さんのような裏方が頑張ってくれていること、それに毎回スタジアムに足を運んでくれるサポーターがいるからこそ頑張れるのだと思う。

自分が自分のためだけでなく、ちょっと他の人に力を与えることができると思えばいろんなことも苦にはならないのかもしれない。