何があった地球環境高??? 名古屋はネルシーニョ


新聞に小さく気になる記事が載っていた。昨年の高校選手権に創部1年目にして高校選手権出場を果たした地球環境高校の松本育夫監督が8月末で辞任するという。

何でも昨年の活躍で部員が20名から120名に増え、学校側と何かあったようだ。あれだけのスタッフ、あれだけの施設を持っている学校に何が起こったのだろう?

さらに現監督のベルデニック氏を解任する名古屋の時期監督は元ヴェルディのネルシーニョ監督になるそうだ。もう一度ネルシーニョのサッカーが見られるのは嬉しいのだが、名古屋のフロントにとって監督、選手は駒にしかすぎないようだ。関係が悪くなるとクビ。少しずつイメージが悪くなる・・・。


You may also like...

4 Responses

  1. Yonmo3 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    名古屋って、お家騒動が多いという印象を受けます。楢崎にポーンと一億円だせるチームなのに。チームの方針が定まっていないのか。これでは選手、サポータがかわいそう。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    名古屋のフロントのイメージはたしかによくないね。松本監督は記事みました。なにかあったのか?

    今日は炎天下のフットサル。2時間は持ちませんねぇ。やっぱりみんな視野がどうしても狭いみたいな気がしたので、今日はパスもらう時に、声出すのと、手でゼスチャーして足元!!っって感じでみんなもらうにしました。幾分パスつながった気が。

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Yonmo3さん
    現場も混乱してしまいますよね。もっと現場の人間を大切にして欲しいと思います。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    この時期のフットサルはきついですね。来週フットサルやることになりました。省エネ方法考えてみます。

コメントを残す