究極の省エネサッカー レアルマドリード


 レアルマドリード対FC東京、帰るのが遅くなったため前半途中からのテレビ観戦となった。結果は0-3でレアル。

 サッカーってこんなに面白いスポーツだったんだと試合中感じてしまった。それ位レアルのパス回しは圧巻だった。

 しかし、もっとこのチームで感じたこと、それが「究極の省エネサッカー。」個々の高い次元での技術・戦術の融合があってこそできるサッカー。94年のアヤックスも凄かったがこのチームはもっと高次元で融合しようとしている。

 まず「ボールを動かすサッカー」ポジションチェンジを頻繁に繰り返しながら的確なサポートを行う。これによりパスが信じられないようなスピードで交換され、ゴールを陥れる。

 さらに効果的な「フリーランニング」労を惜しまないフリーランニングによりスペースを有効に作っていく。このフリーランニングが1対1での攻めのサポートにもつながっている。

 そして一番驚いたのが、「ボールを奪われてからの守備」これにより省エネサッカーは完成する。ボールを奪われた瞬間に守備に移り、すぐにボールを奪い返してしまう。だから相手に主導権を握られている時間が短い。これができれば疲れない。

 頭では分かっていても出来ないのがサッカー。これを当たり前のようにこなしてしまうレアルマドリード。個人技術、個人戦術の高次元での融合がチーム戦術につながっている。

 本気のゲームでどう機能していくのか?ベッカムがいる、ロナウド、ラウル、フィーゴ、ビックネームの名前が並んでいるから凄いのではない。ビックネームの融合、勝利へ向けての意思統一、サッカーって奥が深い。


You may also like...

4 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もみていて惚れ惚れしました。悔しいけど。
    ケイロスになっても去年と変ってない。連動して速くて強くて巧い。特に守備が。動きに無駄がなくよく走ってる。ああいうのに毎年Jリーグチャンピオンとして挑戦したいです。また来年来てくれるでしょうか。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    Jは4バックに移行していかないのかな?
    レアルのボールを動かすサッカーとはジーコの理論に通じるものはあるんでしょうか?

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    そうですね。Jチャンピオンがレアルマドリードと毎年対戦できると最高ですね。そういう意味ではマリノスにはレッジーナにきっちり勝って欲しかった・・・。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    同じ3バックでもトルシエ監督が行ったフラット3は4バックの延長でしたが、Jが採用する3バックはほとんどリベロをおいてのカバーリング型。サイドアタックがもっと効果的になれば4バックも増えてくるのではないでしょうか。
    レアルのサッカーはジーコサッカーの究極形だと思います。また日本人でも目指せばああいうパス回しは出来ると思います。というよりは得意な形なのではないでしょうか。

コメントを残す