5-3.3-4-3ポジション別役割GK、DF


1番ゴールキーパー(ファンデルサール)
 守備範囲はペナルティエリア前約10m位まで。キーパーとしてゴールを守ることは当たり前、リベロの動きも要求される。ディフェンスラインがプッシュアップしたらその裏のスペースはキーパーが見る。さらに攻撃の基点としての攻撃サイドの方向付けも行う。右サイドからきたボールはすばやく逆サイドにフィードすることも要求される。もちろんカウンターアタックを狙えるときはCF9番の選手を目掛けての正確なキックを行わなければならない。

3番 リベロ(ブリント)
 スイーパーではない。センターバックの2番・5番のカバー、さらにフリーマンとして積極的にインターセプトを狙う。3番と4番の選手はポジションチェンジを行いながら攻撃参加する。4番に相手フォワードの意識を集めておいて、フリーの3番が中盤のボール回しに参加して相手ゴール前まで攻撃参加する。実際ブリント選手は得点ランクの上位に入っていた。

2番・5番(フランク・デ・ブール、レイジハー)
 1対1での守備の強さが求められる。さらに2番の場合、6番、7番とポジションチェンジをしながらサイドを駆け上がることも1試合に2~3度ある。守備の組織は2,3,4,5が連携するというより2,6,7のトライアングルの中に相手選手を囲い込んでボールを奪う。足が速く、頭が良く、高さもある選手でなくては対応できない。

4番 ボランチ(ライカールト)
 ボランチといえばMFだが、アヤックス型3-4-3の場合はリベロが攻撃に参加するため、その代わりに最終ラインに入ることが多くなる。また、相手が1トップの場合はCFをマークするためセンターバックのような役割を担う。さらにサイドの2-6-7、5-8-11のトライアングルの中にボールを進めさせるため、中央でボールを追い出す中心、アンカーになる。
 意外と攻撃の面での役割は少なく、守備の中心選手となる。この選手の能力が高いから、リベロは安心して攻撃参加することが出来る。

オランダ代表ではこのポジショニングを3バックにせずフラットに並べて4バックとしていた。ただこの3番と4番のポジションチェンジの巧妙さが一番の難しさだ。


You may also like...

4 Responses

  1. Naoto HEADs より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ファンデルサールって素晴らしいGKですよね。
    僕はそのプレーでいっぺんに虜になりました。
    役割までは意識してなかったんですけど、読んでて
    なるほどなと思いましたね、やっぱ凄いです☆

  2. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     私にとっては、4番のボランチ(ライカールト)の役割・仕事が一番理解が難しいですね。どこまでも奥が深いようなポジション。私はきっとこのポジションの選手を観始めたらいつも感心しきってしまう。
     スイーパーやセンターバックや攻撃的ボランチならなんとかプレーの意図が観れるけど。
     あぁライカールト。最近こういう選手いないのかな。

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Naoto HEADsさん
    94年のアヤックスは本当にボスマン判決のせいで伝説のチームとなってしまいましたが、その時のメンバーが移籍先のチームでもやはり活躍できたのはこの育成システムの素晴らしさを証明していると思います。
    移籍で集めた最強チームより育成システムによる最強チーム結成は意味が大きい。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    アンカー(船のいかり)的動きができるボランチは日本には少ないと思います。振り子的に動いて追い込んでいくタイプばかりで、本当にいかりのような存在感のあるボランチが出て欲しいと思っています。
    ライカールト、それにフリット、ファンバステン、ユニホームは赤と黒の縦縞でしたが今でもトヨタカップでのプレーが忘れられません。

コメントを残す