鹿沼市職員失踪事件


最近は栃木に泊まることが多いので下野新聞をじっくり読んでいる。下野新聞の一面には鹿沼市の職員失踪事件について連載で記事が出ている。
廃棄物業界の話なので興味深く読んでいるのだが、私が感じている以上にこの問題、根が深いようだ。
廃棄物処理等の認可を受けるには大変な時間と労力がかかる。以前は簡単に認可が下りたようだが、この既得権は大きな災いとなっている。
「産廃スキャンダル」という本にも書いてあったが、もっともっと闇の世界のことを世間に公表することが必要なのかもしれない。
それをいったら公務員の世界も、政治家の世界も一緒だ・・・。

You may also like...

2 Responses

  1. 王様18001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    タイトルにびっくり??

    私も、毎日下野新聞の特集記事読んでます。

    また、私の職場は、
    ゼロエミッションのモデル事業所に
    選ばれた為、廃棄物の削減に取り組んでいます。
    ものすごく細かく、他の事業所、研究所の方が来ると、
    ゴミ箱の多さにびっくりされますね!!

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    王様18001さん
    下野新聞の内容がかなりショッキングだったので・・・忘れないようにとタイトルにしてしまいました。
    みんなのちょっとした気遣いでごみの量って結構減りますよね。昨日もある大手紙管会社にパレットを納めに行ったのだけど8リューベコンテナの中にポリエチレンのフィルムが一杯。もったいないなーと感じました。
    分別だけでなく、その後の処理方法も知ってもらいたいなあと感じました。

コメントを残す