レッズの強さを分析


レッズのオフト監督が辞任ということでオフトレッズは天皇杯終了までの後数試合しか見られない。ここで、レッズの強さの仮説をたて後の数試合で検証してみたい。
レッズの強さはドーハで日本代表が届かなかった個の力の融合がある意味で完成されているからである。ある意味と書いたのはまだまだサッカーがリアクションであり、勢いを持っているからで、追われる(分析される)立場になってはじめてその真価が問われるからである。
はっきりいってレッズは強い。その強さの源は迷いのなさだ。どこからその迷いのなさが生まれているか?それはオフトレッズが基本の延長線上にあるからだ。
オフト監督が日本代表に就任したとき代表選手に徹底的に叩き込んだこと、それが「アイコンタクト」「トライアングル」だ。さらに「フィールドポジション」という言葉を思い出せば今のレッズの強さは説明できる。
レッズにオフト監督が就任したとき、「アイコンタクト」「トライアングル」という基本すらできない状態だったらしい。
まずオフト監督がやったこと、チームに献身的な働きができない選手をチームから放出すること。
今のレッズは献身的な選手の集まりだ。「フィールドポジション」をしっかり理解した選手がその役割を基本に忠実に全うしていく。この繰り返しがレッズの強さになっている。決して個の力の融合ではない。基本の積み重ねなのだ。
その象徴が以前にも書いたが山瀬選手の運動量。はっきりいって信じられないくらいの動きで、攻撃に守りに貢献している。
そして地味な選手がしっかりとチームを支えている。高校時代名が売れていたのは、田中選手、山瀬選手、鈴木選手、山田選手、都築選手。確かに彼等はその能力を如何なく発揮しているがそれを支えているのが、坪井選手であり、内館選手であり、平川選手である。
さらに外国人選手の起用の仕方もはっきりしている。中盤に外国人選手を置かず、トップのエメルソン選手とDFラインの2人というどう考えてもしっかり守ってカウンターの布陣を敷いている。

レッズのサッカーがここまで成熟したのは間違いなくオフト監督の功績だ。献身的な選手をチームの中心に据えたこと、基本の徹底が行われていること、そして外国籍選手の起用法と理にかなっている。時期監督はブッフバルトという噂も出ている。私個人としてはオフトレッズをもう一年見たかった。


You may also like...

4 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    分析ありがとうございます。それにしても今いいチームになりましたよね。私も残り少ないレッズを注意して観てみます。
     
     南宇和の逆転優勝、全国大会も楽しみです。
     

  2. サイ3963 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >>今のレッズは献身的な選手の集まりだ。
    「フィールドポジション」を
    しっかり理解した選手が
    その役割を基本に忠実に全うしていく。

    確かにそうですね。あとはFWからDFまで
    で縦の軸がしっかり出来ているからこそ強いと思います。

    フロントのオフト批判の中で監督が
    自分の息のかかった外国人を連れてくることも
    摩擦の原因の一つとあったのを見て
    森GMを初め結果を出せなかった人間が
    結果を出した人間を批判する面白さを
    見た気がしました

    ではでは~

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    明日は愛媛から友人がやってきます。愛媛FCのこと、南宇和のこといろいろ聞く予定です。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    サイ3963さん
    オフトサッカーの真髄を見抜けない(?)から結果が出なかったのでは・・・。私が偉そうなことを言える立場ではありませんが、森さん、横山さんよりオフト監督のサッカーは見ていて楽しい、理に適っていると私は感じてます。オフト監督にはいつも勉強させられます。

コメントを残す