レッズの大型補強


レッズがナイキとの契約をバックに大型補強に動いている。
アレックス、トゥーリオそして名波、森島・・・
まるでプロ野球の巨人のようだとも書かれている。

いい選手を獲ったからチーム力が上がるとは言い難いのがサッカー。ただ良い選手がいないと勝てないのもサッカー。

ブッフバルトの手腕が楽しみです。


You may also like...

2 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブッフバルトどうなんでしょうね。ナンバーでレッズのとと書いてたけど。オフトで選手たちは手ごたえを感じてたようだけど。オフトのサッカーには限界があるともよく言われてるけど、どの辺がなんでしょう?基本練習からグレードアップしていかず、マンネリ化するとか聞いたことあるけど。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    私個人としてはサッカーは基本の連続で成り立っていると思うので、基本の積み重ねの方が限界がないと思います。だからグレードアップする必要はないと思うんです。例えば今のようにエメルソンと田中を活かした形をとっていれば当然他のチームは対応してくる。それをさらに打破するには奇抜なことではなく基本に戻らなければ難しいと思います。
     レッズがどこに進んでいくのか興味があります。レッズサポーターからもこのマンネリ化という言葉を聞きました。もし本当にマンネリ化しているとすれば選手の頭の中に満足感があるということ、それが問題なのでは・・・。同じ練習からしか体得できないこともあると思います。惰性に流されていると何も見えないけど・・・

コメントを残す