レッズはブッフバルトで決定


噂は現実だった。来期のレッズは満を持しての?ブッフバルト体制。コーチには指導力に定評のあるエンゲルスが就任。
何度も書いているがレッズは最低でももう一年オフトで行って欲しかった。いいチームを作っても優勝から見放されているオフトのもっているもののせいなのかどうかは分からないが、未だにひきずってしまっている。ブッフバルトがどういう監督なのかは未知数だが右腕にエンゲルスをつけたことでチームの方向性は今年の継続ということになるだろう。さらなる守備の安定とカウンターの威力を磨けば優勝争いに絡むこともありえる。
このレッズフロント陣の選択がどっちにでるか来期の楽しみの一つではある。

You may also like...

2 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    エンゲルスは温かみが感じられて好きだったのですが。
    腰痛明けの今年最後のフットサル。
    気合入れないと。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    いいですね。フットサル。
    寒くなってきたから怪我しないように気をつけてくださいね。

コメントを残す