愛媛FC リベンジならず・・・


 平塚での天皇杯2回戦愛媛FC-湘南。
 開始早々愛媛FCは湘南のスピードについていけず昨年とは全く違う展開に・・・。15分しのげれば慣れるはずと見ていると試合はそのとおりの展開に・・・。
 愛媛FCの細かいクサビのパスがつながり始め(この攻撃は多分愛媛FCしかできないだろう、Jのチームと比べてもこのサッカーは最高に面白い)、友近、吉田を基点に濱岡、金子が両サイドの兵頭、中谷を使い、ゴール前に迫る。後方ではキャプテン小原選手が圧倒的な運動量で全員をサポートしている。
 前半は愛媛FCがペースを握って終了。終了直前に1点欲しかったが、後半につながる試合運びとなった。

 後半も変わらず愛媛FCのペース。湘南はミスが続き、自滅、そして待望の先制点。リズムも流れも愛媛FC。
 ここで私が油断してしまった。次の浦和戦のことを考え出してしまったのだ。さらに得点した直後の選手交代で愛媛FCはリズムを崩す。試合後石橋先生の話ではJFLでは通用したという布陣。しかしJ2相手にはそうはいかなかった。自らのリズムを崩し、ロングスローから失点。続く選手交代によりリズムは戻ったもののそのままタイムアップ。延長Vゴールに突入。

ここでスタジアムが一変する。これまでため息だらけだった湘南サポーターが一致団結、声援を送る。それに呼応するかのように湘南は愛媛FCの弱点の高さのなさをついてきた。そして延長前半7分コーナーキックから頭でつながれて失点。底力を見せつけられた。

届きかけた勝利は遠のいた。負け惜しみにはなるがどっちのサッカーが面白かったかというと間違いなく愛媛FC。愛媛FCのサッカーではJ2は勝ち抜けないという意見もあるだろうが、74年オランダ代表をベースにした石橋サッカーが私は大好きだ。このサッカーが見られるならスタジアムに足を運べる。そして、間違いなく去年より本気の湘南に一度はリードした。愛媛FCの素晴らしさを昨年以上に湘南サポーターは感じただろう。

 こうやってチームの歴史ができていく。

 他会場では、市立船橋が阪南大を破り来週はJチャンピオン横浜マリノスと対戦する。日本のサッカーは大きく変わりつつある。


You may also like...

4 Responses

  1. ultralefty より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱ、浦和戦のチケットの事とか話してたのが伝わったんでしょうかね。
    やはり見るほうも最後まで集中しないといけませんね。反省(^^)
    でも、昨日の愛媛はすばらしかった。あの後代表戦に行ったのですが、
    コストパフォーマンスなら断然愛媛ですね。このサッカーを続けて
    くれれば、もっとお客さんも集まってくることでしょう。
    来年こそは駒場で愛媛の応援をしましょう!

  2. Naoto HEADs より:

    SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです☆
    天皇杯熱くなってきましたね。
    愛媛FCの結果は携帯でしりました。
    vがついててすごくいい試合だったんだろうなぁて
    思いました。
    来年もさらなる飛躍ですね。
    面白いサッカーはまた次に足を運びたくなりますよね。
    我が町のチームならなおのコトです。

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ultraleftyさん
    すいません、私が切り出しました。
    ただあの時間帯、選手交代のミス?で流れが悪かったのも事実。
    その後埼玉スタジアムまで移動しているultraleftyさんの方が凄いです。
    多分いま日本で一番面白いサッカーを見れるのが愛媛FCだと思います。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Naoto HEADsさん
    お久しぶりっス。いつも見てるだけで済みません。
    本当に最高の試合でした。これで勝てばもっと良かったんですが・・・。
    仙台はチームの中心に誰を考えているんでしょうか?それより中原君はどうなってますか?

コメントを残す