東アジア選手権 日本-中国


チケットがあるから行きませんかと知り合いから誘われたものの夜は育児担当、テレビ観戦となった。

今日の試合は久保デーだったということ。中国のDFラインが良くなかったため、簡単に裏を取ることができた。

ただ日本は欧州組が参加しての試合よりもずっと良かったのではないだろうか。まとまっていたし、リズム感があった。3バックにしたから良かったのではなく、このメンバーだから良かったのではないだろうか。
このメンバーでの優勝もありえる。優勝したら欧州組の待遇はどうなるのだろうか?この辺が不安になった今日の試合でした。


You may also like...

7 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですね。欧州組みは長旅で帰ってきて、ハードスケジュール。日本で深夜まで友達と会ったり忙しい。力を100%発揮していないみたいだから。

     シーズンオフで欧州で行われる大会ぐらいしか代表での100%はないかも。無理して呼び寄せてきたのは、むしろコンビネーションと戦術浸透の定期的な確認・成熟のためと、選手間の人間関係のためだったのかな。

     ジーコ監督もあまり無理してよばなくていい。欧州の自分のチームでもっともっと活躍して欲しいですよね。

     久保も小笠原も精神的に成長してた気がしました。大久保はがむしゃらなのはいいけど、自分がゴールするにしても、もっと周りを囮に使わないと。セレッソの時のようにはできてない。チーム内で子供でいられる間だから今は許されてるのかも。

    五輪が控えてるんだけどpizumiさんは大久保どうですか?元気があっていいと思いますが、Aも五輪も代表として大久保。闘志は好きなんだけど。そういう選手っていつ、もう一段上の階段を登るんでしょうか。 

  2. SECRET: 0
    PASS:
    欧州組って才能はありますよね、どうも、国内で組んだほうが実は強いっていう、イメージをマスコミが煽ってるような気がして。だって、中国弱かったですし。

  3. 井上健太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    システムなのかメンバーなのか
    そんなことから論議できるようになったんだなぁと
    日本のサッカーの進歩が嬉しくってたまらい。

    ユースもしぶい試合が続いています。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    大久保ですか、はっきりいって代表に選ばれたときほどの期待度はなくなってきてます。

    オフザボールの動き、ボールを持ったときの技術はやはり素晴らしい。そこに異論はありません。

    中国戦ではゴールを入れてないので少し弱気になっているかなと思える場面もありました。1点入れば吹っ切れるでしょう。

    ただどうしても気になるのはファールの多さと精神面での不安定さ。特に精神面はセレッソの試合でそのもろさを感じます。でもFWとしてはその裏腹さがなければ勝ち残ってはいけない。だから成長過程だと捕らえています。今結果を求めてしまうと、前園、城の二の舞になってしまいかねない。とりあえず元気一番でいいのではないでしょうか。代表では久保と高原、大久保はサブ、とりあえずこの東アジア選手権で1点欲しい。大久保議論はそれからにしたほうがいいかもと思っています。取れなかってもW杯予選でできればいいと思います。
    とりあえず、あまり気にしていないということです。

  5. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    中国戦とカメルーン戦を一緒の味方で考えるのはおかしいですよね。レベルが違いました。国内組だけでもある程度(アジアで優勝)できると思います。ただそれ以上(W杯ベスト8以上)を考えるとやはり欧州組の力が必要。最終的にジーコがどういう判断をするかが今一番の楽しみです。

  6. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    井上健太郎さん
    この3試合でどんな結果がでるか楽しみです。香港戦、韓国戦とも別の楽しみがある。親善試合ではなくなんであれタイトルのかかった試合っていうのはいいものですね。

  7. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なるほど。ipizumiさんありがとうございました。

コメントを残す