J新時代へ!


劇的なマリノスの逆転優勝で幕を閉じたJ1。2位は市原。そして優勝常連磐田、鹿島の最終節での失速。テレビで観戦している感じではマリノス、市原には精神的な強さが感じられた。逆に磐田、鹿島には甘さが顔を覗かせた。
特に今日マリノスの松田選手にはびっくりさせられた。優勝した後のインタビュー等では岡田監督、奥、久保、中澤選手が出演していたが、今日この逆転勝利を呼び込んだのは松田選手ではないだろうか。要所要所で素晴らしいプレーを見せてくれた。能力の高さは誰もが認めるところだがどうしても精神的な弱さ、幼さを感じていたが、今日の試合では大人になったなあと感じてしまった。

岡田監督の指導にもよるのだろうが、マリノスは諦めないチームになった。市原は走れるチーム。こういうチームが結果を残したことは日本サッカーの今後の指針として重要になる。

技術、戦術の確立より、まず諦めない、走るということがチーム作りの優先順位に来る可能性があるからだ。
日本代表にはこの諦めない、そして走るという原点の部分で伝わってこない。東アジア選手権ではJで結果を出した選手が新しい何かを伝えて欲しい。

余談にはなるがジュビロにはがっかりした。特に名波選手。あんなものじゃなかったはず。勝負しない、パス回しの一員のようなプレーは思わず「何で?」と思ってしまった。

とにかく今日の試合だけ見ればマリノスの優勝は妥当。マリノスの時代が来るのかな?

降格争いは仙台、京都。大分は生き残った。京都は天皇杯を制しながらJでは結果を出せなかった。ただ若い選手が多いだけにもう一度J2で経験を積み熟成させる方向か?仙台は平均年齢が高いだけにどうするのだろう。若手に切り替える訳にも行かないだろうし、このまま岩本選手がチームを引っ張っているようでは苦しい。仙台育英、東北と高校サッカーも強い地域、ユース年代からの育成の強化が急がれる。ただ来期の一番の問題はどこで選手に見切りをつけるか?この決断が一番難しい・・・


You may also like...

8 Responses

  1. 井上健太郎 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あきらめないこと、走り続けること~Jだけでなくあらゆる場面で生かされる姿勢ですよね!
    いよいよ1シーズン制が、検討されそうです。
    チャンピオンシップのスポンサーに申し訳ないというのが本音のようですが、私は、1シーズン制に期待しています。
    世界に合わせた冬シーズンまでは、まだまだハードルが高そうですが・・・・・

  2. Yonmo3 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ジュビロの昨日の試合は残念でした。あきらめない、ひたむきなプレーを信条としているゴン中山が怪我で欠場している中、それを継承していける若手がなかなか育っていないのが致命傷だったかも。あの雨の滑るピッチでは、膝に不安が残る名波には厳しかったと思います。服部も怪我がち。攻めて行くにはかなり足かせがあったと思います。それだけにゴン中山、名波、服部に頼ってきていたチームの弱点がでてしまったのでしょう。前田、河村らが本当は頑張らなければいけなかったんでしょうね。また来年のジュビロに期待します。

  3. trinity30 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    いや、、、まったく同じ感想だったので思わずカキコしにきました。笑

    ホント、名波くんにはガッカリ;;;
    それと、松田をはじめ、マリノスのDF陣のこと。。。
    得点ランキングを見ると、マリノスって意外と低いんですよね。
    5位の久保と、19位のマルキーニョス。
    ということは、DF陣の優秀さが勝利を呼んだんだなぁ、、、としみじみ。。。
    スタジアムで見ていたので、ゴール前の混戦状態で相手チームのDFを個人識別するのは難しかったけど、鉄壁でした。

    サッカージャンキーではありますが、専門的なことは全然分かりません。笑
    このサイトでいろいろ勉強させてくださいm(_ _)m…
    最終節の試合、スタジアムで観戦していたので、
    日記に観戦記、書いてあります。
    よかったら、読んでみてください。笑

    それと、、、
    プロサッカークラブ、ぜひ作ってください!
    懇意にいている先輩は、フットサルの全国規模のリーグを作りました。
    もちろん、プロ選手も多数輩出されています。
    すでに体制の出来上がっているサッカーとは違うとは思いますが、きっと出来ると思います。
    経過、楽しみにしていますね♪

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    井上健太郎さん
    リーグ戦の本質って今回のような展開であれば多くの人に理解できるのではないでしょうか。トーナメントと違って一度負けてもやり直すことができる。そして負け試合を引き分けに持っていく、引き分けをなんとか勝にする。大差で負けていても1点返す、こういうことの積み重ねがリーグ終盤の順位争いに大きく響くということ。
    今年の2ndシリーズはそういう意味ではJにとって最高のシーズンだったのではないでしょうか?引き分け導入、そして混戦のJ1、岡田監督のいう少しずつの積み重ねがリーグを左右する、これまでこういうことは経験できなかった。
    少しずつの積み重ねっていい言葉ですね。

  5. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Yonmo3さん
    名波選手は怪我だったのですか・・・。知りませんでした。でも昨日の試合はあの最強だった清水商軍団の核だった名波選手や大岩選手の放心状態の表情が印象的でした。ジュビロは来期が正念場ですね。成岡、菊地の両選手がUAEで経験を積んで大きく成長して欲しいものです。

  6. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    trinity30さん
    はじめまして、書き込みありがとうございました。
    中澤、松田の両選手は代表でも十分機能するのではないでしょうか?精神的に逞しくなった2人なら日本の最終ラインを安心して任せることができるはず。まだまだ坪井は成長過程、やっぱり松田が軸にならなければならない。これだけ大人のプレーを見せてくれたのだからもう安心でしょう。

  7. trinity30 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私のサイトへもご来訪&カキコいただき、
    ありがとうございましたm(_ _)m…

    失点シーンの件、ご指摘ありがとうございます。
    いま詳細に思い出そうと思っても、、、
    マリノスのGKがボールを蹴り入れた瞬間と、
    ボールがゴールに吸い込まれた瞬間しか思い出せません;;;
    失点のショックで記憶が飛んでしまったようです;;;あしからず;;;

    名波くんのサッカーは、中学生の頃から見てますが(同い年ゆえ)、
    昨日のような試合運びは、本当に珍しい。。。
    もちろん、、、
    右膝に爆弾を抱えていること、
    そのコンディションであの天候、
    西みたいなドリブル突破できる選手がいなかったこと、
    いろいろありますが、、、やっぱり残念でした;;;

    こちらのサイトにも、また寄らせていただきます。
    よろしくどうぞm(_ _)m…

  8. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    trinity30さん
    同年代なんですね。私は一つ下ですが・・・。
    高知インターハイで見た清水商のサッカーが未だに目に焼き付いています。ホントに強かった。その中心が藤田俊哉であり名波であり山田隆弘、大岩剛、そして望月重良、今考えてもそうそうたるメンバーです・・・

コメントを残す