オマーン戦、驚いたこと


それは、オマーン代表の日本代表への対応だ。90分間彼等は引き分け狙いを徹底した。マンマークを徹底し、リベロがよくカバーに入った。計算外のPKも防いだ。90分間は守りきった。しかし神様は味方しなかった。時間稼ぎのために倒れた選手を見て中田英がボールを外に蹴りだした。サントスがそのプレーに対して不満を示した。中田とサントスの口論がはじまる。中田のいうこともサントスのいうことも分かる。しかし明らかな時間稼ぎに対してもフェアプレーを貫いた中田の姿勢が決勝ゴールを生ませたのかもしれない。勝利の女神は悪質なプレーを許さなかった?

You may also like...

4 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    メンバーのポテンシャルが高いのはみな分かってるしね。
    コンディションがねぇ。風邪引いててもサッカーってできるんでしょうか?宮本や山田最後までプレーしてたけど。
    試合を重ねていけばね。強くなりますよね

  2. 楽々○ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    昨夜のサッカーは戦いなんですから
    口論するぐらいじゃないと
    天は、神は見捨てなかった!
    ていうことなんでしょうね。。。。
    勝ってよかったですホント

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    ただジーコ監督のコメントが少し気になります。「練習時間が少なかった・・・」これは最初から解ってたこと。これも驚いたことでした・・・。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    楽々○さん
    ロスタイムに入ってからは選手も、スタジアムも、テレビを見てる人も一体になったような気がします。その結果が久保のゴール。私の前の席の人は試合終了前に帰ってしまうし、後ろはとんでもない解説をしているし、まあこれが予選だという試合でした。

コメントを残す