U-23日本-イラン


久し振りにいい試合を見た。
最後の最後まで見入ってしまった。
残り15分、イラン代表はサッカーをやってくれないのではなどと不安になったが最後まで戦ってくれた。レフェリーもいい笛を吹いていた。あれくらいやらせてくれないと世界では戦えない。
最終予選前にこんなゲームがこのメンバーでできたことは大きな自信になる。

特に得点した平山、ボランチの今野、右サイドの徳永は完全に機能している。そういう意味では以前からのU-23組の不甲斐なさのほうが目に付いた。

レッズ組の田中、山瀬、鈴木は良かった。これに平山をレッズの強化指定選手にしてJリーグを戦わせればオリンピック本大会でも楽しみになる。まずは予選を勝ち抜くことだが・・・。

それにしてもシーズン最初にこんなゲームを見れるとは思っていなかっただけにU-23には楽しませてもらえるかもしれない。