パイプ役は見送り


ジーコ監督は川渕キャプテンの提案を棄却した。
代表主将経験者をパイプ役にとの提案だったがやはりジーコにはなにか周りには言えない確信をもっているようにも感じられる。

批判を浴びるのは責任をとらなければならない立場の人間にとって当たり前のこと。先日の外出事件でも見え隠れするように選手の中に何かが足りない。それをどうにか導こうとしているように見えるのである。
思う以上に子供の選手とどうやっていくのか?多分批判の矛先を選手に向けるほうが日本のサッカーの将来のためになるのではないだろうか?プロとしてサッカーで生きている人間とは思えない言動、行動が他にもたくさんある。それに加えて多数の欧州組の合流という日本サッカー史上、未知のゾーンの不安もある。

選手の大きな大きな成長に期待したい。


You may also like...

コメントを残す