日本代表 シンガポール戦


 小野が存在感を見せつけましたね。とにかく普段試合に出ている選手と出ていない選手の差をまざまざと見せつけられた試合でした。

 中村俊輔、柳沢、稲本はやはり試合勘が・・・。
 早く藤田を投入してくれと思っていたがそれがかなったのは予想外の失点の後、日本のDFラインは怠慢すぎる。楽をしたいというプレーばかりが目立ち、その隙を相手につかれるという最悪のパターン。これは練習の時からの集中力が足りないからだと中田が示唆するようなコメントを残したが、今回結果を残した最年長藤田俊哉がゴン中山の代わりをぜひ務めてまとめ上げて欲しい。

 試合のほうだが、相手が格下ということもあったのだろうが守備の面でチームとしての方向性がこれまでの試合より明確だった。考えられない怠慢プレーで全てが台無しになってしまってはいたのだが、勝負を決めようとしていた前半はその変化に少し面食らってしまった。というかやはり本番は違うんだなというように感じた。

 ただそれは同時に油断をしていたという裏返しでもあったのだ。
このチームはすぐに油断してしまう。それを許さないのは試合を外から見ている私達の役割だ。
 またもジーコ監督の解任騒ぎになるのだろうが、形としては選手交代があたった。わざわざ難しい試合をしたと言われるのかもしれないが、それはきっと海外組に経験させるため、この経験が日本の大きな力になる、大丈夫、私はこの納得のいかない起用法が日本に大きな力を最後にもたらすことを信じています。


You may also like...

9 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    でも、それやったら、なんのためにJで結果出して、代表に選ばれてとなるのでは。欧州組確かにうまいと思う。でも、その時、その時、召集かかったメンバーでの競争がなかったら、おかしい。どうみても走れない人がレギュラー獲得やったら、それ代表としては???2002年で活躍したからって、そら分かりませんよ。2006年は20歳そこらの選手がすっごい成長して、いいプレーするという可能性もあるんだから。

  2. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん 有るか無いかでいうと、アジア地区2次予選終盤やドイツ本戦のことを考えると今からメンバーを固定して連係を深めるという予選の戦い方をする監督のタイプもまたある。と、いうことなのでしょう。
     そういう戦い方をしたA代表監督は日本ではハンス・オフトまで遡りますね。(都並選手が怪我して戦力低下が著しかったという弊害はありましたが。)こういう選択をする監督もいるし、欧州タイプのメンバーを固定せず戦力の同じメンバーをローテーションで使いながら戦っていく監督もいるということでしょう。

  3. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     このままジーコ監督がこのような試合内容の戦いを続けていれば、オリンピックが終わると山本監督がA代表に加わるでしょう。(ジーコがWフランス大会でザガロ監督の下に加わったように。)
     考えてみればジーコ監督は我々日本が経験したどの監督よりも経験と実績を備えた監督でしょう。欧州リーグでも、ワールドカップで選手としても、指導者としてザガロ監督の下で副指揮官としてボロボロのブラジルを選手を支え準優勝に導いたことも。日本での実績と日本人への理解ももちろんある。
     代表監督に批判が集まるのは何処の国でも同じこと。かえってこの時期に楽観視されてる方が危険なぐらいですから。日本でのサッカーの広がりを考えればいい傾向かもしれないですよ。熱くなるのは若い人の特権ですが、年配のファンの方は落ち着いてますよ。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    Jでの活躍が大事なのは分かります。ただJリーグで活躍している選手が海外で通用していないのもまた事実です。
    今のA代表は自分のためにサッカーすることが許されてきた。アトランタ五輪のときインタビューで(海外に出るため)自分をアピールするため頑張りますというものが良く聞かれたが今の五輪代表は勝利に貢献したいという。
    これも大きな違いの一つだと思う。今のA代表は自分をアピールした世代、自分が活躍することがチームがまとまることより優先されているように今でも感じられる。
     何が大事なのかこの意識を変えること、この年代の意識が変われば伝統は引き継がれていく。今は大きな大きな転機だと思います。
     それに国内組を軽視しているようには感じないのですが・・・。Jで結果を残している玉田は出場したし、すごくいい顔でプレーしていた。あのスピードがチームにいい影響を与えましたよね。
     この2戦を苦しんだ経験は意識改革のいい機会になるような気がします。

  5. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    誰が改善するのかではなく、改善の必要性を誰が感じているのかということではないでしょうか?多分試合後のコメントからしてジーコと中田はチームに何が必要か共有できているような気がします。
    その共有ができていないのが稲本、高原ではないでしょうか?小野は高い次元でのプレーをしているし、前の試合からの修正もできていたように感じた。
     中村はもっと別の面での成長が必要でしょう。ジーコが一番期待をかけているように見えますがこのままではまたメンバー落ちとなりかねない。
     海外組の見極めに時間をいつまで使うのか、これも見どころですね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >ipizumiさん
    なるほどぉ。確かに、Jから海外へと成功につながってないですわね。でも、僕は、コンディションのいいもので構成すれば、もう少しましなサッカーになると思うんですけど。(向こうで試合出てない人を使うとか??だと)

  7. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    ずっとこのままでいくとは思えないので、国内組はやるべきことをやっていることが絶対に必要だと思います。
    今のこの失敗の経験というのは大事だと思います。私だってこうやって擁護していますが面白くないのは同じです。解任だと騒ぐ人がいる、私みたいなのもいる、いろんな人がいるということが今は楽しいです。それだけ裾野が広がっているということですからね。

  8. 虎イルミ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    細木数子がジーコ解任する…って言ったのがすごい気になる…今日この頃です。m(_ _)m

  9. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    虎イルミさん
    たとえ解任になったとしてもここまで選手が経験したことは大きなものです。
    この経験そしてさらなる研鑽がなければ次のステップにはいけません。
    結果だけにとらわれることなく今何が必要なのかしっかり見抜きたいものです。

コメントを残す