親戚に家族をお披露目


今回実家に帰ったのは、親戚みなさんへのあいさつのため。
息子有真はもちろん妻方の父と母も私の実家へは初めて行くことになる。
私たちは結婚式を家族だけで行ったので親戚に皆さんには書面だけでの挨拶しかしてなかった。そこで父がホテルで披露宴みたいなものを開いてくれたのだ。
集まってくれた親戚は約50人、東京でほぼ3人だけの生活を送っている身としては自分のルーツを感じるいい機会となった。
他にもお墓のこと、家紋のこと、仏壇のこと、位牌のこと、戒名のことなど改めて発見したことが今回はたくさんあった。
妻の父と母を観光で案内、足摺宇和海国立公園や、四国八十八ヶ所40番札所観自在寺にも行った。
高校生の時には感じることのできなかった地元の良さをたくさん感じることができた。たまにはのんびり(?)するのもいいものですね。

You may also like...

コメントを残す