U-23日本-バーレーン


やはり簡単ではなかった。
UAEラウンドを首位で戻ってきた日本だったがこの敗戦でアドバンテージはなくなった。
今日のU23には戦う気持ちが少し足りなかった。やはり追うものは強い、そして攻められても第1戦を無失点で乗り切ったバーレーンは守備に自信を持っていたのだろう。

この試合の気になる場面を一つ。失点シーンヘディングに競り負けた根本は次のシュートに対し、ボールから目を離し背中を向けた。

私はここ数年の日本代表の成長はこのような場面がなくなってきたことだと以前にも書いた。確かジーコが監督になってすぐだったと思うが・・・。
近年のレベルアップのベースはこのシュートを打たれる場面で顔を背けず足をしっかり出せる選手がDFに増えたこと、特に海外のチームとの一番の差をこの辺に感じていただけにこういう失点シーンをみてしまうとがっかりしてしまう。
確かにボールにあたると痛いし・・・なんて言っている場合ではない。今回はそれが大きな大きな1点の重みとしてのしかかってきた。

しかし、まだ2戦残っている。このチームはどうも追い込まれないと力を発揮できないようだ。もう一度気を引き締めて次の試合に臨んで欲しい。


You may also like...

4 Responses

  1. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんいちは。
    私も「えっ なんでよけるの?」って思って、スローを見たら、背中を向け自分の急所を守る本能的な動きをしていた。
     普段のJリーグでやってるあのような動き、誰も注意してこなかったから、あの場面に出たんだろう。
     厳しく見れば闘莉王もいったんピッチに戻ってから交代してもらうべきだったのかも。闘莉王 本人も後悔しているのでは。
     U-23、ずっと無失点が続いてきたから、どうせ相手のシュートはゴールには入らないだろうと心の何処かで思っていたのかな。その後攻めたが崩せなかった。闘莉王なしのあの状態で松井がドリブルするしか無かったことが問題だ。いい経験になったが、五輪に出られなくなるかもしれない事態で、言っている場合じゃないですね。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    五輪に出られない確立は出る確立より低いでしょう。
    バーレーンは完全に日本に対して自信をつけたはず。そのことの方が今後の予選で怖いです。1戦目、2戦目と同じことしかできなかった日本代表、この辺が課題なのでしょう。
    中東勢はここからがコンディションの維持が難しくなるところ、日本はホームで大きな声援のもと戦える、これは圧倒的に有利だ。
    この敗戦で気も引き締まるだろう。もう一度フレッシュな気持ちで戦って欲しい。

  3. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ipizumiさん 今日の試合で、山本監督がどういう選択をしてくるか、本当に興味深いです。ワールドユース監督として世界と戦った経験がありますが、ここまでマスコミやたくさんのファンのプレッシャーを先頭に立って受けるのは初めてでしょうから。
     3人のうち2人も抜けてDFラインどうなるんでしょうか。まずそこが注目ですね。

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    山本監督は点を取りにきましたね。残念ながらその通りには行きませんでしたが・・・。
    ただ気持ちが感じられるギリギリのメンバーのように感じました。
    予選らしい厳しい闘い、選手はこれでまた大きく成長しますね。

コメントを残す