引き分けで首位通過 アジアカップイラン戦


 控え中心のメンバーで調整してくるのかと思っていたが、ジーコ監督が選んだのはこれまでと同様のスターティングメンバー。
 何よりこれはワールドカップの最終予選を睨んでのシュミレーションのように見えた。自分の甘さを反省しました。
 やはりジーコが見据えているのは目先の結果だけではなくアジア最終予選だということがよく分かった。最後の最後で引き分けでどちらもグループリーグ突破ということが決まり、ゲームは試合終了前に終わってしまい、最後の攻防はなかったが内容は素晴らしいものだった。

 日本も本山が入ってから2トップのリズムがよくなりこのコンビが決勝トーナメントの切り札になりえる可能性を感じた。

 次の韓国-イランの方が興味が出てきた。