自民党圧勝


まさかここまでになるとは。。。正直驚きました。
ただ今回分かったことは確実に流れが変わったということ。
4月の足利市長選の時もそうでしたし、中村松山市長の1期目の話からも今日の結果の予感はないわけではありませんでした。はっきりさせておかなければならないのはテレビで伝えられていることが事実ではなくなってきたということ。マスコミや議員周辺の方のネタ元はこれまでの組織やばらまき政治に関わってきた人の意見だと思う。民意はそれに嫌気がさしているということ、でなければ落下傘候補にこんなに票が集まるはずがない。野党が演説会で手応えがあったのにというのは逆に政策をきちんと判断しようとした人が多かったということなのだろう。小泉劇場やマジックだとかそういうことに惑わされているのではないと信じたい。
さて、これで安定多数ということではあるが小選挙制の怖さも今回は感じた。この4年間で自民党がみなが危惧する暴走をすればそれこそ4年後民意で不信任ができる。これまでは野党を気にしていれば良かったのだが今度は政治に関心を持った国民をも相手にしなければならない。これまでとは大きく変わるはずだ。

You may also like...

コメントを残す