あなたの支えが必要!小規模Jチームの収支を解剖


愛媛サポートクラブHPより
【あなたの支えが必要!小規模Jチームの収支を解剖】(PDF)

Jリーグの公開資料をもとにグラフ化された資料を頂きました。
サポーターが頑張れる部分は確かに観客動員と運営のサポートにつきるのだと改めて実感しました。
入場料収入が増え、運営費を少しでも浮かせることができれば選手にお金を使うことができる。今は必要最低限の経費で運営しているのは明らかで、仙台、札幌のように入場料収入の増額が必要で、それこそチーム強化のためにできることなのかもしれません。

これはあくまで一つの視点です。いろいろなご意見はあると思いますが、どうやってまとまっていくかいい時期のようにも思います。でもこうして見るとやっぱりJ1はJ1なんですね。


You may also like...

2 Responses

  1. おおづつ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    愛媛県内における存在意義の確立が急務でしょうね。このあいだ帰省したけど、正直、愛媛FCの存在ってまったく感じなかったし。

    一部の人が熱狂的に愛するよりも、県民がなんとなくシンパシーを抱く存在になればいいのかなぁ…と思います。具体的方法は難しいんだけど…高校生と練習試合したり、子供にサッカー教えたり、地道にコツコツやっていくのが一番いいんでしょうねそれが仮に100年続けば愛媛には欠かせない存在になってると思う。

  2. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おおづつさん
    長期的に見ればチームがある、続いていくということでいいんだと思います。しかしながら今は何をするにしても全体予算で1億円足りないと思います。最低限そこまでは無理をしてでもやらないととは思っているのですが。。。
    存在意義ですか、遠くにいるからこそあるのかもしれません。

コメントを残す