どこに落ち着くか。。。


愛媛FCの今年のテーマはアクション&ムービング。たしか今年はポゼッションが課題だったはず。そういう意味では今はそれが裏目に出ているのかもしれない。

ボールをポゼッション(保持)し、攻撃の厚みをつけていくというのは簡単に思えるが意外と難しい。ポゼッションサッカーを標榜して実践できているチームというのは多くない。確かにできればこれほど魅力的なことはないのだが、難しいから魅力的なのだ。

攻撃に人数を増やせば、スペースはなくなり、動きの質が求められる。一方守備面の人数は減るわけだからカウンターのリスクは高くなる。愛媛のように両サイドバックが攻撃に参加してはじめて形になるというのは運動量も要求されるしリスクは高い。

このままの方針でいくのか、サッカーのスタイルの微調整があるのかそれは分からない。続投が決まったラモス監督も言っていたようにダメだからと止めてしまうのは簡単である。この我慢の末にどういう結果が出てくるのか、ヴェルディ、セレッソ、愛媛の3者3様の対応が今後の興味の一つです。Jリーグをこうしてじっくり見るのは初めてですが、結構いろいろな楽しみ方があるものです。やっぱりJは大事です。


You may also like...

コメントを残す