東京V戦


東京Vはプレスを他チームほどはかけてこないので愛媛にとってはゲームを作りやすいというのは間違いない。しかし前半の出来を見れば相手にならないと誰もが思ったことだろう。
黄金時代のヴェルディを髣髴とさせるような華麗なパスワークは久々に見た。
それでも後半リズムをつかめたのは森脇選手と関根選手の両サイドバックが開いたスペースを果敢に使ったことが大きかったと思う。

前半に足りなかったアグレッシブさを取り戻しリズムを作った後半、大きな経験だったと思います。次節は福岡、その次は仙台、失うものはなにもない、前へ前へ進んで欲しい。


You may also like...

コメントを残す