アンチドーピング


今回のオリンピック、最後の最後で最大の話題になったのがハンマー投げのドーピング問題。
このドーピング問題は選手の生涯に関わってくるとても危険な問題なので今回のオリンピック委員会が取っている毅然とした態度を評価したい。
実際信じられない手法を使っているという噂も聞いたことがある。
薬物大国になっているアメリカメジャーリーグの影響も大きいだろう。正々堂々が大変なのは理解できる。しかし、室伏選手のコメントこそ選手のあるべき姿だろう。

オリンピックでメダルを取れば一生涯の生活が約束される。こういったことも弊害ではあるのだろう。

しかしオリンピックが素晴らしいスポーツの祭典であることは間違いない。アンチドーピング、薬物の危険さをしらせるような報道をして欲しい。かぜ薬でもダメだというだけでなく、本当の怖さをマスコミはこれを機会に取り上げるべきだ。