国体 少年は静岡が優勝


10番の狩野君が目立ったくらいで特に突出した選手は見られなかった。15人で5日間を戦うわけだから最後まで素晴らしいパフォーマンスを維持することは容易ではないことは分かっている。しかしながら世界で戦うためには必要な要素なのだ。

5日目を観ただけだから評価をしては信頼性のないものだが、蹴れない選手がますます多くなったような気がする。
コントロールは良くなっているような気がするが、ボールに体重が乗っていない。ただ蹴っているのだ。

今後アジアを勝ち抜く上でこの決勝戦に出てくる選手たちが「蹴れない」これは大きな問題になるだろう。
気になったので書きとめておく。


You may also like...

コメントを残す