高校選手権は鹿実が優勝


鹿実と市立船橋の決勝戦は延長でも決着がつかず、PK戦で鹿実が優勝となった。
鹿実の選手権単独優勝は初。悲願達成といったところだろうか。

しかしながら決勝戦をテレビで観戦したのだが、全体的な粗さが目についた。局面の強さや速さが際立っており、ぶつけ合いでボールを運んでいるような感じだ。身体の強さも大事なのだが、技術的な面が疎かになっているような気がした。準決勝を生で観戦したという弟に話を聞いたが、星稜が良かったとのことだった。国見、鹿実、市船の身体の強さに優る技術、戦術、精神力のあるチームはどう育てればいいか、今後の課題ですね。