日本 イランに敗れる


長丁場の予選だから負けることもある。ぜんぶ勝てればそれにこしたことはないのだが、結果は受け止めなければならない。
次に重要なのはバーレーン戦に引きづらないこと。負けた後、しかもホームなのできっちり勝ち点3を上げたい。
いろいろ不満な面はあるが、それよりも次につなげることが重要。しかしながらサイドから取られた点は、北朝鮮との試合でバーレーンが得点を決めたパターンにぴったりはまってしまう。どういう形でバーレーンの早いサイド攻撃を抑えるか、この辺がポイントになりそうだ。

You may also like...

8 Responses

  1. SECRET: 0
    PASS:
    負けちゃいましたね!!今度のバーレン戦勝ちに行きましょう!!

  2. foot001 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですね。結局選手同士、話し合ってた守備面の受け渡しや対処が上手くいかなかった。途中なのかな。

  3. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    スカジャン2005さん
    マスコミはすぐに悲観論になってしまいます。周りが信じて応援しましょう!

  4. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    foot001さん
    よくやったという声も多く聞かれるようですが、選手から満足感というか、変な自信というか、ちょっと違和感を感じていることも事実です。ひたむきさが足りないような気はしませんか?(この試合に限ったことではないのですが、それでも勝ってきましたからね)
    大きく崩れないためにもここでの気持ちの切り替えが必要ですね。

  5. サイ3963 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >>ひたむきさが足りないような気はしませんか?

    同感です。交替選手のチェイシングとか
    そういう端的なものを含めて
    なんというか全力でやっているのでしょうが
    淡々という感じもしないわけではないというか
    自分の年齢による見方の変化なのかとも思ったのですが
    熱さがまだ伝わらないのである意味負けて
    バーレーンと仕切りなおせるのはいい感じかなあと
    思ってます。
    次勝てば今日の負けは取り戻せますしね。
    それにしても改めて気になったのは
    ボールのけり方って子供に
    指導者の方はどういう教え方をしているんでしょうか
    今の日本代表にいわゆるクロスの名手がいるかといえば即答は出来ないのですが
    ボールの軌道を見る限り中盤の選手に良いクロスを上げれる人はいても(小野とか)
    サイドを主戦場とする選手によいクロスを上げれる人が少ないと感じていますが
    これからの子達にはもっと精度の高さを要求した
    蹴り方を習得してほしいなあと思いました。
    どんなに芝生が悪くて、当たりがきつい南米のリーグ戦を見てても
    ここ一番のクロスはとてもすばらしい軌道を描いてますし。日本でそれが出来ないとは思えないですしね
    ではでは~

  6. SECRET: 0
    PASS:
    バーレーンは一発で来るカウンターが怖いけど、攻めはそれだけだし、ケアできると思うけど
    でも、やっぱり強いと思う

  7. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    サイ3963さん
    ボールの蹴り方は日本サッカー最大の問題です。
    現在の日本代表に明らかに足りないのはサイドからの攻撃ですよね。その際のクロスの精度、こればかりは小さい頃からのトレーニングが問題になっているようです。日本の大部分の選手は小学生・中学生時代に変な蹴り方を叩き込まれます。この基礎のお陰でうまくならない蹴り方を身につけてしまうのです。まずはボールの横に軸足を置いてというのから止めていかないと相手のタイミングを外すキックというのはできません。頭が固い指導者が多いから分からないんですよね。それと今までの自分を否定されているようで嫌なようですよ。何かと同じですね。

  8. ipizumi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コスタクルタさん
    1試合に3点取られている相手ですからね。フォームのあるチームというのはどういうチームでも怖いです。日本にはないんですよね。

コメントを残す