HONDA戦を振り返って


こんな試合をしていればお客さんは何度でも足を運んでくれるだろう。例え勝ち試合を落としたとしてもだ。
何でこんないい試合になったのか考えてみた。これはHONDAの選手の質の高さによるものなのだろう。この日の審判は流し過ぎだった。普通であれば荒れていてもおかしくない試合だった。しかし試合は荒れずに好ゲームになった。どちらかというとHONDAの選手の側に理不尽な判定が多かったように思う。それでも感情をコントロールした彼らにご褒美の同点ゴールが転がり込んだのかもしれない。
ホームでのワールドカップ予選北朝鮮、残り時間わずか、北朝鮮の選手が時間稼ぎも兼ねて倒れ込んでいる。中田英は大きくボールを蹴り出した。サントスと言い争いになった。決勝ゴールはその後すぐに生まれた。こういう事だったのかもしれない。愛媛にとってはドーハの悲劇のような同点ゴール、どちらにしてもいい試合でした。両チームの選手に改めて拍手を送りたい。

You may also like...

コメントを残す