高地でのアウェイ戦


よく頑張っていましたね。個室に移ったので、サッカー観てもいいとの許可を得ました。
イエメン戦はじっくり見ることができましたが、決定力不足は確かにありましたが、最後に点を取って勝ったという事実が素晴らしいと思います。日本の欠点(愛媛FCも同じ)といわれるものは一朝一夕に解決するものでもありませんし、サッカーというスポーツが与えている命題なわけです。ですのでいつの時代も決定力不足は問題になるし、終了前は得点が動いてしまうんですよね。

今回は時間があったので先日頂いたユーゴサッカーの「悪者見参」を読ませていただきました。ここでもアメリカの思惑があったというのを知ってかなりショックを受けました。私たちがオシム監督を含めてユーゴスラビアの方々から学ぶものは多いと思います。しっかり追いかけたいと思います。