2015.8.1福島からマーチングバンドseeds+が愛媛にやってくる


シャウエッセンBBQで盛り上がるはずの8月1日。

さらに新しい企画が発表されました。

【8月1日(土)のセレッソ大阪戦は太陽石油サポートによります被災地支援マッチです】2011年3月11日の東日本大震災が起こってから4年半、愛媛FCは毎年被災地支援活動を行っています。昨年の2014年9月14日のモンテディオ山形戦にて行った太陽石油サポートによる被災地支援マッチで素晴らしい演奏を披露してくれた福島県南相馬市のマーチングバンド「Seeds+(シーズプラス)」が 今年もニンスタにやってきます!そんなSeeds+の皆さまから愛媛FCサポーターの皆さまにメッセージが届いています。ご覧ください。※振り返ればこの時の山形戦は試合内容も○4-0で愛媛FC史上に残る最高のゲームでした。今年もSeeds+にチカラをもらって最高のゲームにしましょう!!★その時のfacebook記事はコチラ!https://goo.gl/JqjCYR

Posted by 愛媛FC on 2015年7月16日

福島県南相馬市のマーチングバンドseeds+が今年も愛媛にやってきます。

昨年9月14日の愛媛FCの告知ページ
http://ehimefc.ecgo.jp/page0185.html

Seeds+の母体は、福島県南相馬市立原町第一小学校によるマーチングバンド部。震災前は全国大会の常連校でした。しかし、震災が起こった時、福島第一原発の事故で自分たちの住む地域が緊急避難準備区域となってしまい、メンバーの半数が埼玉県、宮城県等県外へ避難し、活動を一時中断せざるをえない状況になってしまいました。

その後、メンバーの1人が「離れ離れでも、もう一度、全国大会に出たい」という思いを保護者に伝え、その思いに応えようと指導者、保護者が活動再開のために楽器を集めて、避難している各地域で練習できる体制を作りあげました。月に1,2度しか全体練習が行えないような状況の中、一生懸命各自が練習を行い、2012年1月末には、地域コンテストをみごと勝ち抜き、再び全国大会出場を果たすことができました。

今回、このSeeds+のメンバーの内13名の中学生が、福島県から山形戦が行われるニンジニアスタジアムにやってきます。現在、南相馬市は震災前の半分しか子供がいないという状況。
しかし、「どんな境遇であっても、諦めたら終わり。進まなければ何も得られない。」という合言葉のもと、Seeds+は夢をもち前を向き頑張り続けています。スタジアムで彼らの熱い気持ちがこもった演奏を聴いていただき、被災地の「今」を感じてください。

当日の様子は

このあとJ1昇格を決めた山形相手に4-0の快勝!

そしてその後も愛媛FCとseeds+の関係は続きます。

今年のアウェイ水戸戦。
11018580_1578659422418557_9127434511173900619_n

水戸戦では試合終了直後の選手もスタンドに来てくれて一緒に写真を撮ってくれました。

そして栃木戦にも

栃木戦ではスタンドからみかんの花咲く丘を生演奏してくれました。

8月1日もう一つ楽しみが増えました。

シャウエッセンBBQはまだまだ募集しております。
ゾウさんへの餌やりも募集しています。
http://ehime-support.net/events/bbq/


You may also like...